健康で幸せな生活を|楽しい人生にする方法は口コミ体験談で!

みんな健康で幸せな生活をしていきたいって思っていますよね。このブログではとても楽しいハッピーな人生にする沢山の方法を口コミ体験談も含め掲載をさせて頂きますので、今後健康的で幸せな人生を生きていきたい方はここの口コミ体験談などを参考にしてくださいね!

【口コミ】ガン保険・生命保険|お得で人気の場所は体験談で!

口コミでガン保険や生命保険でお得で人気の場所を!

ガン保険や生命保険を急いで探す場合は、利用者からの反響の高い口コミで人気の場所を探すのが一番だと良く言われますよね。

それでここでは皆さんがリアルにいくらの生命保険やガン特約などを入っているのか、月々の支払料金はどれくらいなのかなどの口コミ体験談を集めてみました。

口コミで人気のガン保険って何処なの?とか、生命保険にこれから入るつもりだけど、体験談なんかでお得な場所を探すことができるのかな?等々初めてガン保険や生命保険に入ろうと考えておられる方にとってはとても重要なポイントになりますよね。

年齢や過去の病歴や保障内容によって、値段や選べる保障タイプも大きく変わってきますので、自分と近い年齢の方の体験談や事例を一つの参考としてみてください。

優良業者や人気が分かるという点でとても役立つアンケート結果になっています!

ガン保険に2口加入しています

アフラックガン保険に2口加入し、毎月5070円支払っています。

契約まで考えている期間はほとんどなく当時有名だったアフラックに加入すること以外考えたことはありませんでした。

会社経由で加入したので手続きも簡単ですみましたし、年末調整も金額が記載されているので楽なところが気にいっています。

月々の支払い金額は他社と比べると少し高い気がしていますが、亡くなった父親が生前胃ガンと肺ガンにかかりましたが、ガン保険に加入していたので最終的に赤字にならなくて済んでいたので、払っておくことは将来に役立つかなと思っています。

他にもガン保険があるので変更しようか考えていますが、定年までは今のまま継続し、定年退職後に見直そうかなと思っています。

病気の中でガン以外は大した費用が掛からないと思っています。

何社かと見比べ一カ月くらい検討

私は最近保険を見直ししました。そして今後の生活を考えて生命保険に加入しました。入った会社はオリックス生命です。

このオリックス生命にするまでに何社かと見比べ一カ月くらい検討しましたが、このオリックス生命が1番値段も安く保障もほどよく、担当者の対応も親切でよかったので決めました。

私は30代なので月額2500円ぐらいの保険料の支払いです。

このオリックス生命に入ってよかったことは、7大疾病を告知されてからは保険料を払わなくても保険保障が受けられるところです。

なので病気にかかってからのお金が抑えられます。

あと日額入院費が1万もらえます。入院費はすごい高いので日額1万もらえるのはかなり助かります。

今は健康なのでピンとこないこともありますが今後何かあっても対処できるように見直しました。

保障の厚さと料金は比例しているから

女性の病気に特化した保険に入っています。とは言っても、月額3000円弱の掛け捨てタイプのもので、オリックス生命キュアレディだったと思います。

加入したのは10年ほど前になると思います。

主人と夫婦保険のようなものに入っていたんですが、主契約者の主人が亡くなった場合には保障対象にならないことを知ったので、相談窓口に2回伺ってから個別に掛け替えました。

実際に5年ほど前に入院治療で、保証金を受けとりましたが、差し引きしてほぼゼロになりましたし。

ただ、自前で掛けていた生命保険から出た保証金の分も、高額療養費の医療控除から差し引かれて、結局払戻対象のお金にはならなかったので、高い金額を長い間払い続ける意味は何なんだろうという気もしています。

今の保険は、月額保険料もそれほど高額ではないので、今のところこれで良いかと考えています。

両親の勧めもあってかんぽに加入しました

10年ほど前にかんぽ生命に加入しました。半年に2回の支払いですが一月あたり約5000円です。

加入した当時は20代で保険に興味なかったのですが、両親の勧めもあり自宅にセールスマンが来て話を聞きました。

当時はまだ郵便局が民営化されていなかったので、今契約すると国と契約することになるので将来会社が潰れて保険を受けられなくなることはないことや、60歳まで保険料を支払えば生涯保障を受けられることなどの点が良いかなと思いました。

自宅に来たセールスマンは30代くらいの男性で印象が良かったのを覚えています。

契約はその場で行われ2週間くらいで契約が完了した旨の連絡が来たのでとてもスムーズだなと感じました。

入院した時に1万円出ること

第一生命のブライトウェイと言う保険に加入しています。月々にかかる金額は1万円くらいです。

ずっと第一生命に加入していて、前のが10年経過するのでそれを今のに切り替えました。

付き合いのある担当の人がいくつか見直しのプランを見せてくれて、その中から選んで決めました。

プランの見直しと新規の契約にかかった期間は1ヶ月もかからないくらいです。

気に入っているところは、入院した時に1万円出ることと、三大疾病になったら300万円貰えること、もしそうなったら月々の保険料の支払いは無くなって保険はずっと保障されるというところです。

前に入院があったときも担当の人が書類とか手続きをしてくれてお金も早く振り込まれたので良かったです。

担当の人も対応も良くてアッサリとした人なので付き合いやすくて良いです。

今まで払ったお金が全て返ってくる

ジブラルタの生命は希望を伝えれば、それに見合った保険を紹介してくれます。(契約には約1週間、総合時間で3時間ほどでした。)

私が入ってる保険は月々約10,000円で少し高いと思われますが、この保険の特徴はいつでも解約することができ、解約した時に今まで払ったお金が全て返ってくることです。(契約年数によっては少し上乗せされます。)

将来のために貯金のようなこともできる保険です。

担当者が親身になってくれたので加入を決めました

ソニー生命総合医療保障に加入しています。ソニー生命を選んだきっかけは、子供が生まれた時に、学資保険をソニー生命で相談した時に始まります。

学資保険では、担当の人がついて将来的なプランニングをしてもらえました。

その延長上で、今までの県民共済をやめて、同じ掛け捨てでもソニー生命に乗り換えてみようと思ったのです。

契約まで2年ほど悩みましたが、二人目の子供が生まれた時にまた学資保険を加入するときに相談に乗ってもらえたので、決断しました。

保障の希望に、母としても貯蓄目的で加入したい旨を伝え、女性特有の病気に手厚いことも伝えました。

学資保険も私の名義で加入して、月に1万円以内なら毎月払えますと申告しました。

養老、学資、総合医療保険をそれぞれ3千円ほどで契約しました。

担当の方から、誕生日には手書きのはがきが届きますし、とてもよくしてもらっていると思います。

まだ病気になって保険を使うことはありませんが、いつでも相談にのりますよ、と言って頂けるので、安心してお任せできます。

月々にもらえる額を考えると定期の方がお得

もう、10年以上になると思いますが、母から生前贈与として200万円を譲ってもらいました。

無駄使いしたくなかったので定期預金にして、使い道をじっくり考えようと郵便局に行きました。

まだ、民営化していない時です。郵便局の担当の方が、それでは保険はどうですかと薦めてくださいました。

局によっては、商売気丸出しのところがあるようですがその局の担当の方はとても親切でした。

いろいろなパンフレットをもらって考えてきますということでいったん帰宅しました。

保険はいろいろと加入しているので、いまさらいらないかなと思ったのですが、定期預金にしても必要になったら、使ってしまいそうなので、満期がくるまで解約できない(解約したくない)保険の方かいいかなと加入することにしました。

金保険の方が気持ち的にはよかったのですが、利息やら月々にもらえる額を考えると定期の方がお得ということになって、加入しました。

一括払いですが、月々の支払額に直すと、およそ8000円くらいです。

格安だけど十分な補償がついている共済

家族のためにも生命保険に加入する必要があると思い、現在県民共済医療保険と死亡保障のついた保険に加入しており、自分の分だけで月に2千円払っています。

あまり高額な金額を払うことができないのでいろいろ調べましたが、当時、手ごろな値段で掛け捨てではなく使わなければ払い戻してくれる保険の中で一番保証が手厚かったのが共済でした。

とにかく月々の支払いが安いこと、安いのに入院一日目から保険が使えることは主婦にとってはとてもありがたく他の会社とは違い、いろいろなサービスをすすめてくることもないのも共済に加入した大きな理由の一つです。

今まで大きなけがや病気をしたことがなく、加入してから使ったことがないので毎年いくらかの払い戻しをしてもらっていますが、自分が支払ったお金だとはわかっていてもお金が戻ってくるのはとてもうれしく思います。

永遠に値段が2800円のまま

アフラックガン保険に入っています。新everとかいうものです。月々2800円ほど支払っています。

色々とアフラックの中でどの商品にするか思案していたので、入るまでの期間は一年ほどでこれ!と決めてからは一週間ほどで入れたと思います。

その間、家に来てくれて話を親身に聞いてくださったりしので、対応はすごく満足のいくものでした。

この商品の気に入っているいいところは、永遠に値段が2800円のままで、途中で上がったりしないことです。

保険は年齢をかさねるにつれて値段があがっていくものがほとんどですが、こちらは入った時のそのままの値段でいけるので、私はとてもいいと思います。

入る年齢が早ければ早いほど月々の支払額が少ないのもとても良いと思います。

若いうちからしっかりと備えをしておくということですよね。

女性特有の病気に強い!

現在33歳ですが、親が子供の頃から住友生命に加入してくれており、成人してからそのままの内容で自分で支払うようになりました。月額7700円です。

自分で払うようになってから口座変更の書類や、結婚時の名義変更などは母親伝いに書類をもらい、営業担当の方と殆ど会うことが無く、それは余計な時間を取られず良かったのですが、よく考えると内容などは全く理解していませんでした。

1人目の子供を帝王切開で出産した時に、もしかして保険が適用されるのでは?と思い聞いてみるとやはり、手術なので適応されなんだかんだで22万円受け取りました。

女性特有の病気に強い種類だったようで、高いお金を払い続けていた甲斐がありました。

2人目も帝王切開の予定なので、22万円受け取ることが出来そうです。

プルデンシャルの生命保険のメリット、デメリット

現在、2つの生命保険に加入しています。どちらも外資系金融機関であるプルデンシャル生命の商品です。

1つめは円建ての終身保険、2つめは外貨建ての終身保険

月々の支払い金額は円建てが4000円、外貨建てが6000~7000円、合計10000円~11000円で、万が一の給付金は1000万円です。

外貨建ての支払い金額はその時々の為替で変わります。

契約までの期間は2ヶ月ほどだったと記憶しています。

加入までに3~4回ほど、1回1~2時間ほど、保険の必要性から商品の詳細、自分にとってのメリット、デメリットを説明して頂き、対応には大変満足しています。

加入の理由は、銀行貯金よりも利回りがよいことです。

月々1万円を積み立てたいと考えていましたが、金融商品の知識がなく、銀行預金よりも利率が良いものを探していました。

そこで紹介されたのが、貯蓄型の終身保険です。貯蓄+銀行以上の利回りに加え、万が一の保障にもなるという点をメリットだと考えました。

デメリットは、3点あります。1点目は外貨建て商品は、為替によって支払い金額が変わるので、家計管理がややしにくいことです。

2点目は、長期運用しなければ元が取れないことです。

保険の支払い金額より解約返戻金が多くなるのに約25年かかります。

3点目は、利回りです。金融商品を勉強した結果、同じ金額をインデックスファンドやバランスファンドなどに投資した方が利回りがだいぶよいことがわかりました。

生命保険料は毎月支払うものなので、加入前にメリット、デメリットをしっかり理解しておくことをお勧めします。

加入の決め手は担当営業が信頼できるか!

今加入している保険はジブラルタ生命です。転職による会社の保険がはずれてしまったので、新規に個人で加入しました。

担当となってくれた営業の方の説明はとてもわかりやすく、なおかつ勧誘がしつこくなく自分にあうプランを、丁寧に教えてくれたのが決め手です。

この担当の方なら信じられる、任せられると思いました。

色んな会社の方のお話をきくと、どれも必要に感じてしまって選びきれなくなってしまったところに、今の自分と将来的にずっと払い続けることの必要性について、親身の教えてくれたのは、ここだけでした。

自分の将来について、ぼんやりとしか考えていなかったため、話をきくと「全部必要なのではないか!?」と思ってしまったところに、「話を聞いていて、あなたに必要なものはこれです。

値段もこのあたりが今は現実的です」と導いてくれたので、安心して任せようと思えました。これからもお世話になりたいです。

その後も一生涯保障が続く

私は今現在かんぽ生命に入っています。30代女性、独身です。月々1万円弱支払っています。

こちらの商品の最大のメリットは、55歳までで全ての支払が終わり、その後も一生涯保障が続くと言うところです。

やはり年齢を重ねてからもお金を払い続けるというのはいくら少額だとしても結構な負担になると考えます。

もちろん途中解約もできますし、満期になった時点で、約250万(私の掛け金から計算した場合の金額)を受け取るか、一生涯保証を選ぶのかを選択することができます。

入院保障は日帰り手術の場合も金額が出ますし、最近少し保障内容が変わり、特約をつけることによって、放射線治療を受けた場合、入院1日あたりに対して10倍の保険金がつくようになりました。

最低限の医療保障として今のところ十分かなと考えています。

自分に合った保険を提案してくれました

私の現在加入している生命保険は、終身・掛け捨て・医療、併せて、約17,000円/月の支払いをしています。

現在の保険会社は外資系の会社1社から加入しています。

日本の保険会社は私の情報を何も知らないのにも関わらず勝手に見積もり資料を作成し、その資料をプレゼンし、加入して欲しいという旨を伝えるというものがほとんどでした。

そのような日本の会社とは違い、現在加入している会社では、自分自身の「所得」「将来設計」「性格」「家族の状況」まで、アンケートをしてくれ、自分に合った保険と保険の支払い金額を提案してくれたのが良く感じました。

また、終身・掛け捨ての保険の支払い金額が生涯上がらないというところに魅力を感じました。男性・20代

早い対応と分かりやすいマニュアル

70歳代の男性です。現在入っている保険はアフラックの『医療保険EVER』です。

以前入っていた生命保険は別の大手のD社のもので60歳払い込み済みで、そのあとは利息で入院特約を付けます。

そのような契約でしたが、超低金利時代に入ったので入院特約を付けるには新たに入り直す必要がありました。

退職してから、もし病気になったら支払いが大変なので、老後の備えのため医療保険に加入しました。

いろいろ調べた結果、ガン保険に力を入れているアフラックの『医療保険EVER』を選びました。

月々の支払いを考えるとオプションは最小限にし、取り敢えず3大疾病特約(がん、急性心筋梗塞脳卒中)を付けました。

それでも月々の支払いは約7000円かかりますが、安心料と思えば安いかもしれません。

3年前に13日間内科に入院し、手続きのためアフラックに電話したところ一週間以内に書類を送ってくれました。

15日以上の入院じゃなかったので、入院申告書と病院の領収書のみで続きが終了です。早い対応にこの会社を選んで良かったです。

女性疾患に対応できるものを

20台後半女性、既婚・子持ちです。独身時代にアフラックの生命保険WAYSに加入しています。

月々3万6千円の支払いを最近終えたところです。

5年間で支払い、10年経てばプラスになるという貯蓄型でもあったので、当時は貯金を兼ねて入ることにしました。

また、結婚後にはニッセイの女性特有の保険・学資保険にも加入しました。

家庭をもつことになり、何かあったときの保証がなかったので、女性疾患に対応できるものをと選びました。

保険料は月々6千円程度だと思います。学資は子供の大学資金にと始めて1年が経ちます。

月々1万2千円の支払いで、18歳になったときに受け取れるものを選びました。

手元にあるとどうしても使ってしまうため、保険を利用しています。

ガンにかかる人の割合が2人に1人だから…

私は50代女性です。近年はガンにかかる人の割合が2人に1人ととても多くなってきました。

体調が悪くなって病院へ行き末期ガンと診断されても、入院させてもらえないときがあります。

入院できたとしても会社によっては、入院保障の支払いをしてもらえないこともあるようです。

せっかく保険料を支払っているのですから、通院や入院にかかった費用は取り戻したいです。

私が入っている保険は県民共済で、総合保障4型と医療特約を合わせたもので、掛け金は5000円です。

私がこれに入る前に知人が入っていて、実際に入院や通院したときにどう保障してもらえたかを聞いてから入りました。

処理が早く、保障が手厚く、還付金も掛け金の3割ほど戻ってくるため、お値打ちでとても良い保険だと思います。

月々約18000円ほどの料金

私は30代の男性です。月々約18000円ほどの保険代を払っています。一見高いようですが、保障内容は充実しています。

先進治療三大疾病などで、私は入院し手術を受けましたが、素早い対応と支払いで安心して入院生活を送る事が出来ました。

いつ病気になるかケガをするか分かりませんので、やはり補償のある生活は安心して毎日過ごす事が出来ます。

また新しい保障もついているので、仕事も心に余裕を持って打ち込めます。

新しい保障は仕事を休んでも給与補填してくれるシステムなんです。

それによりもっと心に余裕を持つ事ができました。やはり生命保険は必要だと感じてます。

無事に人生を健康を送る生活の為のある意味投資と考えております。

最終的に金銭的にプラスとなりました

50代の男性ですが、アフラックのスーパーがん保険に入っています。毎月の支払いは5,070円です。

実際に適用されてはいませんが、この保険に加入したのは大手であることと会社経由で支払いが可能なので、給料から天引きされるので支払う手間が省けることです。

さらに年末調整の時に会社が自動的に計算してくれるので証明書も必要でないこともメリットです。

実際に適用されたことはありませんが、亡き父親が2度もがんになりましたが、手術費や入院費の回数制限がなかったので、最終的に金銭的にプラスとなって返ってきたことが大きいです。

父親の例もあり現在2口加入していますが、金銭的なことを考えると気が楽になるので精神的なメリットも得られています。

決め手は保障の補強と手頃な掛け金です!

現在2つの保険に入っています。1つはコープ共済の生命保険で個人賠償責任保険も付いて月2140円、もうひとつはメットライフ生命の医療保険で月4000円です。コープ共済の保険は、就職してすぐのタイミングで入りました。

何か手頃な掛け金の医療保険に入っていた方が安心かなと思い、家族が入っているコープ共済に迷わず加入しました。

メットライフ生命の医療保険は、知人から女性疾患の話を聞いたのがきっかけでした。

自分もそういったリスクの高い年齢だと思ったこと、コープ共済の保険を補強したいと考えていたことから、女性疾病に手厚い補償のあるメットライフ生命に加入を決めました。

どちらの保険も手頃な掛け金で続けやすいのがメリットです。さらにコープ共済は年に一度、数千円程度ですが還付金があります。

メットライフ生命のほうには健康祝い金があるのでそれを励みにしています。女性・30代

月々の支払う金額が安いこと

20代前半の男です。加入している生命保険はアクサダイレクト生命保険です。何度か組み直していますが、今の月々の支払いはおよそ1万5000円くらいです。

アクサダイレクトの一番良いところは、周りの同年代の知人や友人の加入している生命保険に比べて月々の支払う保険料が安いところです。

月々2万円以上払っている同年代も多いようで、もし自分も支払いが月2万円以上だったなら年計算だとかなり痛い出費になりそうなので本当にありがたいです。

生命保険に加入しないのも怖いですが、まだそんなに金銭面に余裕があるわけでもないので助かっています。

CMの影響か自動車保険のイメージしかなかったのですがガン保険医療保険、死亡保険にペット保険などすべてまとめてアクサダイレクトに任せられるのでかなり便利です。

我が家は都民共済太陽生命

40代の女性で現在は主婦をしています。我が家の生命保険は月々の総額およそ1万6000円です。

内訳は主人の保険料が4000円、娘の保険料が1000円、私の保険料が11000円です。

主人は入院死亡を保障できる都民共済に加入しています。小学生の娘も同じく入院死亡を保障できる都民共済に加入しています。

持病や既往歴がある主婦である私は太陽生命の生命保険に加入中です。

それぞれのメリットはいくつもあります。主人と娘の加入している都民共済は、とにかく掛け金が安い事が最大のメリットです!

掛け方を工夫すれば保障も手厚くなるという、とても有り難い仕組みです。

私の加入している太陽生命の保険は、生活や今後の不安に寄り添って細かくプランニングできるところが最大のメリットだと思っています!

これからも見直しつつ、家族に適した保険商品を選んでいきたいと思っています。

おばあちゃんありがとう♪

資産家だったおばあちゃんが、昔、孫であるぼくの名義で簡保養老保険に加入してくれました。

掛け金は全額即日払いで払い込み完了です(なので現在の月々の支払額は0円です)。

今だとそんなことをすると相続税だとかで問題になるのかもしれませんが、ずいぶん昔のことで、おおらかな時代だったのだと思います。

おばあちゃんが随分前に入ってくれたその保険のおかげで、独立して世帯を持って生活するようになった現在も、どんなに心強いかわかりません。

先日、相当年老いてしまったおばあちゃんと保険のことを話す機会があったのですが、最近の保険は満期の払戻金が掛け金にも満たないのだと伝えると大変驚いていました。

専業主婦として家計を増やす術を持たなかったおばあちゃんにとって、保険は自分で財産を増やせる楽しい財テクだったのだということを最近になって知った次第です。(40代男性)

頼れるスタッフさんがいる事、それが1番!

30代女性、3人の子持ちです。1人目の子どもの出産を機に、保険を見直し現在の保険に加入しました。富国生命の医療大臣です。

子どもの学資保険を探していたところ、現在の生命保険会社に行き当たり、ついでに私自身も加入する事にしました。

月々約¥15000ほどです。高めの設定になっているのは、もしもの時に子どもたちに残せる分を多くするためです。

独身のときは保険のことなど、全く気にかけず加入し、そのまま放置の状態でしたが子どもが産まれたとなるとそうもいかず…。

こちらの保険は基本的な事は網羅されています。

そして何より、こちらの保険に入って良かったと思うところは、担当の方がとても親切で丁寧なところです。

保険のことなど全く分からなかった私に一から丁寧に説明してくれ、アドバイスをくれました。

保険内容も大事ですがいざという時に頼れるスタッフさんがいる事、それが1番だと思います。

本末転倒にならないために…

私はシングルマザーとして子育てをしているのですが、なんとしばらくの間、生命保険に加入していなかったのです…怖…ありえな~い、子どもが残されたらどうするの~!?と言われてしまいそうですが…気持ちの余裕、経済的余裕がなかったんですよね…。

ですが、ふと立ち返った時に、あれ?気がついたら私もう若くないぞ?と(今頃かい!)。

しかし、生命保険に割けるお金は本当に少額…そこで、保険のプロに相談!というのに申し込みしてみたところ、月1200円ほどで掛けられる保険を紹介していただきました。

30代半ばの私にとって、保証をあれもこれもと付けるのは魅力でもあり負担が大きくもあり、今の生活の基盤を揺るがせずに加入できるラインで、と決めました。

死亡時や身の回りのことが本当にできなくなった時のための保証のみですが、納得して加入しています。

安心も買う時代なんです!

私は30代の女性、現在未婚です。正社員として平日は8時半~17時半(時々残業有り)のごく一般的なOLをしています。

定期的に受ける健康診断ではすべてA判定、健康に気を遣い、また健康に自信のある日々を過ごしていますが、昨年よりふと思い立ち、保険に加入しました。

友人や知人で通院や入院をする人が出始める30代後半というこのタイミングで、たまたまダイレクトメールで届いたがん保険と女性特有の病気用保険の2種に加入しました。

どちらも4,000円前後のリーズナブルな掛け捨て保険で、3年間利用がないと一時お祝い金が戻ってくるタイプの保険です。

私は絶対病気にならないと信じていますので、これはあくまでも安心を買う為の保険と認識しています。

保険のお世話にならないように、これからも健康を意識して日々を過ごしていきたいと思います。そうです、安心も買う時代なんです!

コンパクトな保障内容でも使い勝手が良い

50代女性です。県民共済保険の総合保障型に加入しています。月々の支払いは約4000円です。

県民共済の加入メリットは、何といっても支払い額が抑えられるということです。

初めは大手保険会社で生命保険と養老保険に加入していました。

大手の保険は保障が手厚く、特に夫が悪性腫瘍に侵されて治療を受ける際には、特約保証が大変役立ちました。

また、養老保険も満期を迎えて、少しまとまった金額が入り助かりました。

が、我が家の家計には毎月の保険料負担が大きく、結局大手の保険は解約して県民共済のみにまとめました。

大手保険会社に比べると、死亡の際や手術、障害等の保障額はコンパクトですが、怪我や入院時の保障は事足りると思っています。

特に入院の保障は1日1万円なので、健康保険の高額療養費制度を利用すれば大抵賄えると思われます。

また、県民共済は1年に1度の割戻金がありますが、今まで受け取った限りでは1万円程度あり、毎月の保険料を考慮すればお得だと考えています。

もしもの時の安心感

主人と二人で都民共済に加入しています。主人は総合保障と入院保障、がん特約。私は入院保障のみ加入しています。

二人合わせて月々の支払額は7000円です。

加入前は色々調べていけばいくほど、保障が大きいものにとても魅力を感じました。

しかし保障が大きければ、掛け金も高くなります。

現在30代前半、実際長い目で見た時に月々の支払い額は結構大きなものになるので悩みました。

主人と相談し「あくまで、もしもの時の保険」ということを軸に選ぶことに。

家計の負担になり過ぎず、でもいざという時も少し安心ということで調べ、都民共済に辿り着きました。

他の大手保険会社よりも安い割には、保障がしっかりしていると思います。

個人的には、もしもに高いお金を払い続けるよりも保険は比較的安く抑えて定期的な検査費などにお金を回した方が良いかなと思っています。

ライフプランに合わせた商品を提案

20歳の時に親の紹介でJAの保険に入っていましたが、結婚を機に保険を見直すことになり、旦那も私もメットライフの保険に替えました。

旦那が入っていた保険は年齢が上がるに連れて保険料も上がる保険に入っており、今後のことを考えて保険料が上がっていくのは困るということと、旦那と同じ保険に入ったほうがバランスのいい保険を組めると思ったので私も変えることにしました。

子どもは何人ほしいと思っているか、どんな生活をしたいと思っているのかという私たちのライフプランに合わせた保険を提案してくれたので、メットライフにして良かったと思っています。

つづけトク終身が約5千円、新終身医療保険も約5千円、ガン保険が約4千円月々払っています。女性、20代です。

私が入っているのは日本生命

私が入っている保険は日本生命です。終身保険です。月々の支払いは約23,000円です。

メリットは入院1日目から保険金が出ることと、1日入院でも入院準備金と入院費を合わせて27万円出ます。

また、1000種類の手術に対しての給付金も出ます。ガン保険、成人病や女性特有の保険も付いています。何から何まで付いているのでとても満足しています。

また、この生命保険会社を選んだ理由はやはり大きな会社で大手なので安心できるところだと思います。

保険外交員の方もどなたも親切で、こちらの質問や無理なことを言っても対応してくれるのでとても満足しています。

数年前に入院したときもまだいろんな給付金が出るかもしれないといろいろ調べて調べてくれました。本当に親切でした。女性/60代

大阪府民共済、総合保証型4型コースに加入

大阪府在住の20代女性。生命保険は大阪府民共済、総合保証型4型コースに加入しています。

月々の支払いは5000円と手頃な掛金で、怪我や病気の入院・手術や死亡時の保障が受けられます。

以前より両親が加入していたことをきっかけに私自身も加入しましたが、日帰り入院も含め入院1日目より保証されること、事故による通院・入院の保証、掛金が生涯一定額であることに魅力を感じ今現在も継続しています。

また先進医療、入院に際して一時金が支払われる特約コースにも加入しており、手頃な掛金の上、年度毎に申告することにより剰余金が割戻金として返還されるため、実質掛金の7割程の金額で、手厚いサポートが受けられ安心して過ごすことができています。

自然に利息がついていきます

今入っています生命保険はドル建て生命保険です。半年に一回ずつ支払います。メリットは掛け捨てでは無い事です。積み立て型で10年間積み立てます。10年間が終わると自然に利息がついていくのが楽しみです。40代女性

がんと診断されると現金が100万円入る!

女性40代です。今加入している保険は第一生命の医療つき生命保険が月7000円、オリックス生命がん保険が月5000円です。

第一生命の方は学生の頃に親から勧められてはいりましたが、20年以上前の保険なので死亡保険金の額や満期返戻金の率がいいと思います。

その時代の保険は解約しない方がいいとテレビでも言っていました。

がん保険の方は中年になって健康が不安になり入りましたが、がんと診断されるととりあえず現金が100万円入る保険なので、そこがいいなと思って入りました。

現金なので生活に関する何にでも使えるし、病気になった不安と金銭的な不安が同時に来るとつらいなと思います。

診断されると現金がまとまって入るのはありがたいと思います。

年金が不安です|問題・悩みの解決策の話は口コミ体験談で!

年金が不安などの話は口コミを参考に!

年金が不安に思う

「将来や老後は安心」というのがこれまでの日本における定説となっていましたが、ここ数年で日本だけでなく世界全体を取り巻く状況は大きく変わってきましたよね。少子化や高齢化の問題、年金基金が大丈夫だろうかと各所から不安の声がでていますよね。景気の先行きも不透明で国際情勢も混とんとしている中で、自分が年老いたときに大丈夫だろうかと多くの人が不安を持つようになってきています。

その結果として、30年後や40年先などに子供や年金に頼ることが本当にできるのだろうかと考えて、20代や30代の今から対策を練る方も少なくありません。

でも正直な所、こうした問題がどのように自分とかかわりがあるのかよくわからないという方が多いのも事実です若い方だけでなくもうすぐ年金を受け取るというミドルエイジの方でもより情報を多く知っておきたいという方もいらっしゃるでしょう。。

そこでこの体験談を利用することが役立つわけです。他の方たちが何に不安に感じているのか、老後に向けてどんな備えを実際にしているのかなどを書いていただいた現役生代と受給世代の皆さんの声ですので、ぜひ参考になさってください。

大切なのは、今の時点で「生じている問題がどのようなことか」という点を知ることと、それに備えて「皆さんが何をしているのか」を知って自分にフィードバックすることです。

体験談の中にあるみんなの不安の声を、自分の今後にもあてはめてみてどんな備えをしたらよいのかを考えてみてください。ご家族やご自分の老後について今考えておけば長く幸せな生活を楽しむたすけになるはずです!

☆ポイント☆

まずはどんな問題が今、あるいは近い将来に生じ得るのかを体験談から知りましょう。そして自分の年金額が大体どの程度になるのかも把握しておきます。そして自分一人で悲観的に考えるのではなく、家族とこうした事について情報を共有しておくのも大切です。

将来の年金の金額が気になる体験談

昨今、熟年離婚だけでなくいろいろなパターンの離婚が目につきます。理由なく仲は良いのに価値の違いにより離婚という事も良く聞きます。今でもいい友達でご飯食べたりしていますとか聞きます。年齢が若くてやり直しがきく年齢だったり、ちゃんと公務員さんや社会人として働いていて自分で収めていたらいいのですが、40歳や50歳で穏便に離婚されると60歳や65歳になって受領できない人が実は数多くいます。

自分では普通の人のようにもらえると思ってて60歳にお役所に行ったら「年金は受給できませんよ」との一言でお先真っ暗の話があります。「まさか」と思われる話です。私の周りにもいます。生活保護と言う手もありますが、もらえるつもりの物がもらえない悲しさはなんともいえません。別れてから収めていたら少しはもらえていたのにとの役所からの話も後の祭りで、元に戻す事は今のところはできません。

サラリーマンや公務員の奥さんなどはこうした事などは、厚生年金が自動的に旦那さんの会社で引かれてくるので、通帳のお金の事しか頭にはありません。別れた時にも、まず自分や子供たちの生活の事しか考えず、国民健康保険事は考えますが、老後資金は頭に浮かばず、払えずに数年以上過ごしてしまいます。

あまり知られていないこういう事実や法律って怖いものです。その結果として体が動かなくなるまでパートを見つけて働いて、どうしようもない時は子供を頼るか、生活保護を受給と言う人も数多く、年々増えてきています。

受給者も年々もらえる額が少なくなってきていますし、反比例するように支払うべき健康保険料などは上がっていますよね。受給できる人もできない人も数年先などは安心できない時代になってきています。この事について少しは勉強したほうがよさそうです。どうなるのでしょう。

今から自分や家族ができる対策としては、まずはしっかりとどういう仕組みになっているのかを調べておくことや、免除申請などは出しておいて少しでももらえるようにすること、貯蓄額を増やすことなどでしょうか。

できる事柄はシンプルな事ですが、継続して行い続けるのは必ずしも容易ではないと思います。特に収入があまり増えない中で貯蓄をしていくというのは大変ですが、将来の家族のためと思って頑張って続けていきたいと思います。

30年後の年金は・・・

イギリスのEU離脱国民投票で決まり、円高がさらに進みました。ささやかながら積み立てていた投資信託は軒並み時価を下げて、取引サイトを開くと赤い色でマイナスが示されています。基金は積み立てるだけではなく運用をしているはずですから、今回の相場乱高下でどれくらいの被害を受けたのでしょうか。

30年後とか自分たちの世代がもらう頃には、この基金がどれくらいの残高が残っているのか非常に心配しています。もちろんただ心配ばかりしても事態が変わるわけではないので、節約するとか貯金のための工夫をするとか実際的な対策を講じていきたいと思います。

少子高齢化の年金への影響

現在、すでに受け取っている世代の方は優遇されていると思うのですが、将来何十年先には本当にもらえるような環境にあるのか、正直とても不安です。貰えたとしても、金額が少ないのではないかと思ってしまいます。少子高齢化で、基金を支える現役世代も減少していて、せめて経済が良くなることを祈るばかりです。

自分にできるのは何かなと考えていますが、やっぱり貯金とかなんでしょうかね。すぐに給料が上がるわけでもないですし、せめて体調を壊して働けなくなったり医療費で出費が増えないようにと考えています。健康をいかに費用をかけずに保てるかが課題です。

本当にもらえるのだろうか?

私は現在30歳、大学生の頃は学生納付特例で払っていなかったが、卒業後学生時代の分も頑張って払いました。その後は厚生年金で何年間か払っています。払い始めて約10年、もらえるようになる65歳までらあと35年、もしかしたらあと35年後には受給年齢が75になるという噂もあります。75って、もらえても10年、払うのは40年でもらえるのは10年だけなんて、そんな状態ありえませんし不安です。

でもほかの方も同じように苦労されるでしょうから、自分はそうした方も助けることができるように今はしっかりと稼いで年金もしっかりと払って将来の基金が少しでも多くなるようにと思っています。

学生の免除について。

20歳になった時まだ学生だった私は、保険料を納めずに免除申請をしました。そして22歳で社会人になるまで、保険料を納めずに免除という形をとっていました。将来貰える金額にどれくらい影響が出るのか心配です。

これからは、その分も考えてしっかりと働かないといけないなと考えています。どうしてもという時には免除もいたしかたないと思いますが、やはり社会人としての責任として払える時にはしっかりと払って、年金を支えていくのが務めだと感じていますので、これまで頑張ってきた上の世代の人たちへの感謝の気持ちをもって、しっかりと納めていきたいと考えています。

減額されていっています

老後の生活の支えとなる資金ではあるが、最近は受給年齢の引き上げや財政困難など不安の種が多くなってきているように感じます。特に、受給年齢はさらに上がるのではないかと不安になってきます。私は、まだ若年層にあたるため受給者を支える側ではあるが、資金の出所になってる世代の賃金の低さが気がかりです。

生活が大変なのに、長生きできるのかということやさらに受給額が減っていくという不安が将来の若者に続いていくのではないかと思います。こうした現状を一気に打破するような特効薬はないように思えるのですが、少子化を食い止める事や魅力的な国づくりで観光大国になるなど、産業や国を活性化させるような新たな方策を生み出す事しかないと思えます。

考えると不安しかない

将来、ちゃんと貰えるのでしょうか?現在でも受給率は減っています。

自分は32歳ですが、本当に予定通りの額面で毎回貰えるのか今から不安でなりません。そして過去にあった問題はどうなっているのか?この問題のせいで受給できる額が減ってしまうんじゃないかという不安があります。

ちゃんと生活できるだけの金額が貰えればいいのですが。今から不安でなりません。

私がもらうのは30年後くらいですから、まだ先の話といえばそうなのですが、何かあったらと思うと今から備えておかないといけないなと思います。

根本的な人口対策を取らない限り難しくなってきそうですね。外貨投資とか色んな方法で今ある資産を増やすように取り組んでいます。

給料明細から引かれている金額がもったいない

パート勤務ですので、給料は元々安いものですが、そこからがっちり健康保険料と年金の天引きが行われています。健康保険のほうはお世話になることも多いので仕方ないと思いますが、悲しいのは1万円を超える年金の天引き。親のを考えて計算すると70代ぐらいで死んじゃうなら貯金していたほうがはるかにましな気がします

親ももらえる年齢が引き伸ばされていて、自分のときは本当に70過ぎに微々たる金額でしかもらえないのではないかとおもっています。それを考えるとさらに生活を考えて調整しないといけないなと思っています。愚痴っていても仕方がないので、節約の方法とか考えています。

将来もらえるのは?

私は高校卒業後、正社員で働いてきましたが2年で辞めてしまいました。フリーターやスクール通いなどで年金が払えず半額にしてもらっていた時期もありました。ある日、年金機構からハガキが送られてきました。現時点で将来もらえる月の金額が<1万円>とのことでした。

苦しい中1万5000円も払ってきて月1万円にしかならないというのはどかなりショックでした。しばらくは将来を絶望しました。これからさらに高齢化でもっと確実に額面も減っていくでしょうし、ずっと払ってきても将来生活の当てにならないと思った一件でした。

じゃあどうすればいいのかというと、やはり自分である程度のたくわえを持っておかないといけないということですよね。副業などを真剣に考えています。

本当にもらえるのか心配です。

毎月、有無を言わせてもらえずお給料から年金分が引かれています。でも、時々この払った分だけもらえるのか?それ以上もらえるのか?心配です。子供がどんどん減っているのに、国のお金が足りるとも思えないからです。

昔、男性の恩師が自分は子供を残したから人口減は食い止めていると言っていました。学生時代のことですから、変な発言をするなと思っていました。でもその通りで、子供が減らないようにしてくれないと困る未来だなと思います。

子供産むのが当たり前の世の中でないといけないと思いますし、産んでよかったと思えるようなシステムも作らないといけないですよね。難しいとは思いますが行政側や自治体を含め社会全体が将来の事をもっと真剣に議論しないといけないと感じます。

あてにはできない

機構のサイトで、将来、年金がいくらもらえるかをシミュレーションできる。やってみたが、予想通り少ないです。まだ、この先何年か納付はするので、増えるのは間違いないけど、この支給額だけで生活していくのはかなりというか限りなく難しいと思いました。

支給開始年齢が今以上に引き伸ばしにならないとも限らないことも不安の材料の一つです。健康で働き続けなければいけないと強く感じるのです。なんとも厳しい時代に生まれたなと思います。

将来の額が心配

妻子持ちの30歳の男性です。最近、転職をして収入が激減しました。これをきっかけにお金のあれこれが気になるようになり、先日、生命保険や終身保険の無料相談で将来の支給額がどれぐらいもらえそうか聞いてきました。

結果は現在の水準だと月に20万円くらいはもらえるらしいです。でもあくまで現在の予定額なので、これから少子高齢化の影響で減っていかないか心配です。

そんな不安に対処するために外貨預金などで少しでも資産を増やしておこうかなと思っています。FXはもうけも大きいみたいですが、結構時間が取られて大変だとも話を聞いたので別の方法を考えています。

将来の年金についての不安

私たちが支払う義務があることは当然のことですが、少子高齢化が進む中、果たして私たちの老後にその分が返ってくるのか疑問があります。

このまま少子高齢化が進んでいけば、確実に私たちに支払われる額が減少するのは免れないと思います。子供が増えて経済が活性化しないかぎり難しいんでしょうね。

これから40年後の支給額

20歳から仕事に従事してはや十数年経ちました。同年代の平均年収より高所得と言われていますので、納めている金額も安くはありません。先日、生命保険加入の為、代理店に行ったときのことです。将来もらえる金額の算出額が、自宅に届く定期便の支給額よりも遥かに下回っていました。

つまり、いくら高額の金額を現在納めていたとしても、自分が支給される頃には確実に今よりも少ない支給額で暮らしていかなければならないということを身をもって実感しました。今からでも貯蓄をしなくては普通の生活が出来ないだと自分を鼓舞する出来事でした。

定年後ちゃんと生活できる年金が貰えるかが心配です。

私はサービス業で働く30代です、二十歳になったら国民年金を支払わなければいけないこの日本ですが、私は二十歳になっても支払わないでいました。その当時から少子高齢化の影響で国民年金が問題視されていたためです。約40年間このために支払い続けたにもかかわらずまともな金額を貰えるか分からないなら自分で貯金した方が良いだろうと思ったからです。でも考えを改めました。私みたいな支払わない若者が増えて来ているからこそ今の制度が悪化してきていると考えたからです。未納者が減って来てくれれば少しでも良くなって来るのではないでしょうか。実際は心配で仕方がないですが。

不安を払拭するために

将来、支払われるかは、フリーランスにとっては不安の材料です。いったい幾ら支払われるのかは、全く見えません。その年金の不安を払拭するために、今していることは、フィナンシャルプランナーが書いた本を読む事です。少し不安は和らぎ、感情でこのことを考えないようになりました。

将来年金はもらえますか?

30代男性です。日々労働をし納めていますが、将来の受給に不安、不満があります。職場には高齢者の再雇用者が激増しています。今現在、年金受給額だけでは生活が難しいことが推察できます。私のころには、少子化がますます進んでいるので、とても不安を感じます。政府も何十年も前からわかりきっていることなのに、なんら手立てをせず醜い政党争いをしているのみで、給与所得を得ているのでとても不満があります。確実に起こるであろう問題を先送りにして目先の経済対策をしていても、しょうがないですし先が見えないですよね。

年金額が少ない

現在専業主婦で、主人は自営業です。私は勤めていた時には厚生年金に加入しており、きちんと毎月支払っていましたが、主人は毎月はきちんと払っていませんでした。

結婚してしばらくしてからはきちんと払うようにしていますが、老後二人合わせても月に10万あるかどうかぐらいしかもらえない状況です。このままではキツイ暮らしが待っていそうでとても心配です。かといってそれを増やせる見込みも少ないので、貯金をいかに増やすかになってくるんですよね。

不安でしかない

現在アラフォーの私はこれから先さらに年齢を重ねるにつれて、老後が不安でしょうがありません。勤務先の毎月の給料から差し引かれている厚生年金だって正直な所を言わせてもらえば絶対に頂ける保証はないと思うので、その分を自分自身で貯金するようにしてもいいような制度を作って欲しいです。

振り込め詐欺のニュースを見ると、逆に

振り込め詐欺のニュースを見ると、不謹慎かもしれませんが、世の中の高齢者はまとまったお金を蓄えているのだと確認できてしまいます。定職に就いていないので退職金も当てになりませんし、相続するような資産も無いので、自分の老後が不安です。

生活できるかお試し中です

もう53歳で25年以上掛け金納めたので、機構からお誕生月に今現在の状況で受給できる給付額のお知らせがきます。その金額(約14万らしい)で生活できるかを、今現在実行中ですが、なかなか厳しいです。住宅ローンはなくても固定資産税はあるし、国民年金の掛け金は払わなくてよくても健康保険料は払わなくてはいけないでしょうからね。もう少し頑張ってやっぱり65才まで働いて1000万以上の貯蓄は必要だと痛感しいてます。

親を見てると

父は自営業で国民年金を払わず組合年金も途中解約したため65歳を過ぎても年金を貰えません。糖尿病を理由に働く気もなく母親の厚生年金月額5万の収入しかありません。子供(私の姉弟)3人いるため生活保護も貰えず、私達の負担は増える一方です。自分の親を見てると沢山貯金しておきたい気持ちは山々ですが、正直今の収入で子供を育て親の面倒を見ていたら貯金どころではありません。現在の厚生年金でさえ月に5万しか貰えず、少子高齢化の今、私達が給付金を貰える年齢になった時、はたしていくら貰えるのでしょうか。不安で仕方ありません。

生活費が気になります

夫はサラリーマン、私は専業主婦で、子どものいない夫婦です。厚生年金を掛けていたのは結婚前の約10年、その後は配偶者控除の範囲内でのパート勤務をしていました。当時は三号被保険者の立場に何の問題も感じていませんでしたが、60歳という年齢が近づいてみると、厚生年金のある職場で頑張ればよかったと強く後悔しています。将来を考えると、破産しないよう、気持ちを引き締めねばと思います。

蓄えはやはり必要

自分の父や母を見ていると、これだけで暮らしていくのは難しいと痛感します。母はずっと専業主婦だったため、二人の年金を合わせても国民年金が二人分と父の厚生年金のみです。考えていたよりもずっと厳しい生活になるようで、両親は頭を抱えています。子どもが援助をするにも限界がありますし、今までの生活水準を下げる事も正直難しいです。本人たちが長年その水準で生活していたことや、周りの友人・知人はこれまでの生活水準での交流が当たり前だと認識しているため、本人たちのプライドもあり生活水準は下げられません。このような状況を見ていると、年金だけにたよらず、自分の老後の生活維持・人格維持の為にも、老後の蓄えは必要だと痛感しています。

定年後も働く必要を感じている

世代的にも年金もあてにできませんし、現在の給料で将来に備えて十分に貯蓄するというのはあまり現実的でないと考えています。出来るだけ健康年齢を定年後も維持しつつ、その後も何らかの仕事をして収入を得ていかなければと思っています。

あっても足りない人、なくても大丈夫な人

いろいろな方と話をする事が多いのですが、お金持ちの方が幸せと言うわけでは無いみたいです。お金持ちほど出費が多くて足りない話が多いです。逆に、そんなに資産がなくても市営や県営のアパートで暮らしていらっしゃる老人は、出費は少なくお金に関する心配はあまりないと話されます。生活の様式やお金の使い方によって決してテレビで言っているような資産がなくても幸せに暮らす方法はあるみたいです。見栄や人目などがキーポイントかもしれません。そこを乗り越えればそれなりの生活ができると思われます。

やっぱりお金は大事

将来にお金があると無いでは、やはりあるに越したことはないでしょう。介護にせよ有料老人ホームにせよお金が無いと満足なサービスは受けられないし、自分にお金があると子供や孫に対しても発言権を持てるので意志を通すことができるからです。

数十年先を考えて不安になります。

現在30代の私は、子育て真っ最中で専業主婦のため、自分が働いていないことで蓄えに影響しないか心配です。何十年も先のことですが、年金制度にも充分に信頼がおけないなかで夫の定年後した後のお金の心配がつきません。年金を払っても、少しの保険程度にしかならないと感じています。

中流階級の破産について

新聞記事でもよく話題になっている、アッパー世帯の破産というのが気になります。子供の習い事や教育費に現在お金をかけているため、子どもが自立した後お金がどのくらいためられるかが非常に不安です。今の制度のままだと30代の私たちが老後をむかえたとき、どのくらい保障できるのか不安です。

現代日本の問題

まだ20代ですが、老後の生活に対しての不安が全くないといえば嘘になります。現在は社会人になりたてで、満足に貯金することもできていません。これから結婚して、子供も生まれて、普通に生活していく上で、お金の管理はいつだって死活問題。今ですらいつ何が起こるかわからないのに、老後となると体の自由もきかなくなってくるため、本当に不安です。

死ぬための生き方を考える

現在41歳になるのですが、将来への不安がぬぐえません。もちろん今も日々の生活を送るために色々やりくりをして何とか生きていますが、老後の自分がどうなっているかを考えると恐怖すら感じていまいます。自分の両親を見てみると好きなものを買って好きな所に行っており、悠々自適に見えます。今も現役で働いているからだとは思うのですが、幾ら親とはいえ「月収いくら?」とは聞けませんし。将来の給付金も減少の一途を辿っており、子供三人が巣立った後、自分と奥さんが苦もなく生きていけるのかなあ…と思ってしまいます。給料が安いため、貯金もままならず毎月赤字です。バイトなどもして少しでも生活の足しにと考えていますが、それだって何歳までできるかわかりません。今度自分の親に、かつてそんな思いがあったのかどうか聞いてみようかな、と思っています。少しでも解決方法が見つかればいいなと思います。

心配をなくすには

老後のお金事情については、多くの方が心配していると思いますが、自分もその一人です。年金はもらえると思いますが、生活にどう影響するか分かりません。今、老後の年金の心配をなくすことは難しいと思いますが、今から多少なりとも備えることは出来ます。貯金をする、財テク本を読むなど、今自分に出来る事をしていきたいと思います

不安しかありません

日々の生活に一杯一杯で、貯金する余裕もありません。果たして、老後に主人と2人生活していけるだけの蓄えができるのか、不安になります。お金のない老人は、今の日本では生きにくい時代ですよね。年金も当てになりそうもないし…。

自分で貯めるべきか?

私たちが、受給出来るのは後15年後。いくらくらいもらえるのかな?実家の母は父の遺族年金と合わせて満額いただいており、生活には支障が無いようだ。でも私たちの時、ましてや、私たちの子供の時代には微々たる金額しかもらえないのではないか?!だから、いま自分たちで個人年金を積み立てておくべきだと思う。老後今と同じような生活が送れるために、いま、少しでも無理をして貯めておくべきではないだろうか。

老後の不安

私は今年40歳になり主人は46歳です。3年前に結婚した時、主人の前奥様の浪費グセの為に300万程私の貯金から年金・健康保険の滞納金を支払った為、貯蓄はほぼ0になりました。主人は自営業で月の給料が手取りで20万弱、私も働いていて月々13万程お給料を頂いてましたが、この度出産の為仕事をやめる事になりました。いろんな条件が悪い方に重なり育児休業給付金も出ません。これから先主人の給料だけでは生活がままならず、残り少ない貯蓄もおそらく使い果たしてしまいます。子供が産まれるのは非常に嬉しい事ですが、その分お金もかかります。この状態では、自分たちの老後の生活費の蓄えもできない状態で非常に不安です。最近、父の支給額がどんどん減ってきてると聞かされているので、自分達の時はどうなるんだろうとなおさら不安でいっぱいです。

いつまで稼げるのでしょうか。

20代後半になってくると人生にもいろいろな変化が出てきます。結婚したり、家族が増えたり、車や家などの大きな買い物をしたり…今は稼ぎがあるからいいんですが、これから先子供が生まれて仕事を辞めた時にどれくらいの稼ぎでやっていけるのか、私も夫も仕事を辞めた時には、年金と貯金の切り崩しだけでやっていけるものなのでしょうか。そんなこんなで親としても個人としても心配事は尽きません。

不安を持っています

老後の生活に大変不安を持っています。まず今現在のように元気に働くことは無理だと思っています。世界的にグローバル化が進むので国に頼りきってしまうことも危ないと私は思っています。体の衰えから怪我が病気が増え、医療費なども掛かると思います。金銭面で非常に不安を持っています。

どれだけお金を残すことが出来るのか。

子供を私立の中学校に入学させたいと思っているため、教育費にはそこそこお金がかかってくると思います。老後にどれくらいお金を残せるのかと考えると不安でたまりません。年金だけで暮らせるだけの保障があれば安心なのにと思います。

どうなっているのか

今の日本は高齢者が多く、さらにそれでも比率は増えていっていますのでいざ私が年金生活をする年齢にはどうなっているのか不安です。給付金が支給されるとしてもかなり少なくなるのではないかとも思えますので、正直将来は希望ばかりとも言えないかもしれません。どうすればいいものやらと考えている次第です。

結婚をして変わる将来設計

アラフォーで結婚をしました。それまでは結婚の予定もなく過ごしており、銀行員という職業がら、外貨預金や投資信託など投資をしており、ある程度老後の資金と意識して蓄えておりました。しかし結婚をする事になり相手の方の収入は把握してましたが、まさか貯蓄が100万円もないとは!家を賃貸にして家賃を払うよりは早く持ち家にして将来の住処を手に入れることにし、住宅ローンを組みました。高齢でしたので子供は無理かな、と思っていたのですが、幸運にも子供を授かりました。教育資金を貯めなければ、等色々考えると老後資金に余裕がありません。預金では利子もなく、投資信託等運用性商品は必ずしもプラスとも限らず、と思うと将来のお金が心配です。子供が社会に出て直ぐに親の介護、というのも可哀想なので、なるべく自分の老後資金で子供に迷惑をかけたくありません。今の段階でどのように貯めていけば良いのか、日々悩んでいます。

貯蓄が出来ない

私は何年もの間、正規雇用で働いてます。なので、夏と冬のボーナスは有りません。月々のお給料だけなので、貯蓄にまわす余裕が有りません。景気が悪くなれば、いつ解雇されるか分からない立場です。正社員登用されて、僅かでも貯蓄が出来たら有り難いです。

未来

私は、40代ですが私たちが年金をもらうころはもらえなくなると聞いています。今の若い人たちがフリーターになったり、核家族になったりして年金を払えてない人が多くいるということです。そして国の負の国債があるということ。とても未来が不安です。受け取る年齢も上がっていくそうですし、本当に不安でたまりません。ほんとうにもらえるのか気になります。

気になる

現在53歳ですが統合失調症のため障害年金を受給しています。障害程度2級で月に87,000円もらっていますが十分ではありません。B型事業所に通っていますが十分に収入を得られません。ろうれいねんきんのおしらせはきましたが、月に10万円ほどですので何か確実な収入源が必要です。

お金を持っているか不安

私は現在、実家を出て暮らしていますが、暮らしていくお金だけで精一杯であり、まともに貯金が出来ていません。結婚して、子供が出来たら、旦那の収入にもよりますが、このご時世ですし、これから貯めていけるかが不安です。

老後のお金の不安

私は自分自身が、老後に生活していくだけのお金があるのかが気になっています。なぜなら、正社員で働いた経験がなく、年金も申請して納付猶予をしています。この先、働いてお金を稼いでも、今生活していくのに精一杯で年金を納めることができるのかも不安なので、老後にまとまった金額を受け取れないのではないかと思うからです。また、貯金をする余裕もないので、老後に働けなくなったときには、どうしたらいいのだろうと思っています。

免除期間6年

老後の資金として少なくとも2000万円は用意しておいた方がいいという話を耳にしました。しかし、現在の状況からは「果たして老後まで生き延びることはできるのか?」というギリギリの状態です。なんとか家賃の支払いには困らなくなりましたが、奨学金の返済、子供の教育資金など、自分の老後よりも先にやってくる未来の方にお金をあてるので精一杯です。夫婦揃って正社員ではなく、年金の支払いもできない状態なので、老後は不安でいっぱいです。

不労所得

私はお金を貯めておくことが苦手な人間なのですが、老後が心配で、どういう手段があるか調べたことがあります。1番いいと思ったのは、やはり不動産を所有しておくことだと思いました。いまオリンピックのせいで不動産価格の高騰が起きてきているのですが、この熱が収まり、価格が下落するのを狙っています

☆まとめ☆

今もすでに減額の影響を受けている方もいます。正社員などではないかたは強く将来に不安を感じておられます。対策としては不労所得を得る事や、今から節約で少しでも貯蓄を増やすようにされています。

【役立つ体験談】キャバクラやホストクラブで支払った金額は!?

キャバクラやホストクラブで支払った金額は?

f:id:mirai-akarui:20190804082833j:plain

キャバクラやホストクラブで皆がいくらくらいの金額を一回に使っているのかって結構気になったりしませんか?

実際お酒を飲む方は隣に異性がいると盛り上がったり楽しかったりしますが、夜の盛り場にあまり詳しくない方は興味があっても一人では行きにくいですよね。

会社のお付き合いや接待などで利用する方もいますが、そのためにも大体の金額の相場なんかを知っておきたいという方もいますよね。

ですので、今回は色々な年齢層や職業の方がキャバクラやホストクラブで大体いくらくらいお金を使っているのか?それだけ費用を費やしても楽しかったのか?などの口コミ体験談を集めさせて頂きました。

キャバクラやホストクラブを接待に使いたい方だけでなく、金額や遊び方には地方ごとの特徴なども出ると思いますので、今後の参考にして頂けたらと思います。

謎の多い夜の遊びに興味を持つ人たちも、まずはこれを読んでから出かける時のお財布の中身を考えてみてください!

チヤホヤされたい!

私の年上の友人女性の話です。男性にもてず、チヤホヤされたいと言ってホストクラブへ初めて行ったそうです。実際に行ったら沢山の男性が話しかけてくれて、とても楽しかったそうです。

しかしその日は一日で三万二千円もの金額を使ってしまい、後からひどく後悔していました。ですが、またホストクラブに行ってチヤホヤして欲しいと話していました。

やっぱりホストの方の話のテクニックとか盛り上げ方がすごいんだそうです。金額に見合う気持ちよさだったと言ってました。

2万円から3万円くらいです。

キャバクラで1回で支払っている金額はだいたい2万円から3万円くらいです。

よくテレビなどで1度に何十万円もの金額を使う人などが放送されていますが、自分にはなかなか真似出来ないと思います。

でも、可愛い子には金額だけでなくプレゼントなどで貢ぎたくなりますけどね。月に一度行けるかなというくらいですから、それほどいい客でもないかもですね。

楽しいですよね!

大体キャバクラやホストクラブよりも普通のラウンジやクラブに行くことが多いですが、一晩あたりの金額は約10000円から多くて20000円位ですかね。若い子よりも脂の乗った30代位の女性がついてくれる方が良いですね。

話題も豊富だし飲んで出て落ち着いているんでキャバクラよりも好きです。たまにしてくれるボディタッチで良く心まで捕まれますが(笑)、大人の女性ならではの色気にドキドキする自分がいます。はまらない程度のお遊びです。

キャバクラで使う一回の料金

月に1度、多いときにで月に2度くらいキャバクラに通っています。お気に入りの女の子がいて、一回に支払っている金額はだいたい2万円くらいです。

それほど行く頻度が高くないのですが、お気軽な感じで女の子もそれなりに気持ちよく対応してくれています。まぁたまに馬鹿みたいなってストレスを発散できると思えばいいのかなと思っています。金額は高いと思うかもしれませんが、それでストレスを発散できるなら納得の金額かなと思います。

支払ったことは有りません!

時々、接待でクラブへ行きます。接待なので自費で支払ったことは無いのですが、金額を推察するとかなりの額なのでしょう。ですからとても自分一人では行けません。

行けるとすれば少し安いキャバクラが精いっぱいです。それでも何か良い事があれば行くのでしょうが、行きたいと思わせるほどの良いこともなかったのでここ最近は全然行くことはありません。

もうそこまでして遊びたいという歳でもなくなってきたんでしょうね。金額が高いという事よりも欲がなくなってきたんですよね。

月一ぐらいで・・・

数年前から月一ぐらいの頻度でキャバクラに通っています。金額はおおよそ1万円から1万5千円ぐらいです。キャバ嬢の皆さんはフレンドリーですし、しかも聞き上手な方ばかりなのでついつい気分が良くなって饒舌になってしまいます。

妥当な金額で手軽にできる気晴らしとしては最高ですね。ホストさんの話術も一回試してみたいですね。

ジャニーズ系のイケメン!

知人の話では、行きつけのホストくらぶでは、ルックスに関してはジャニーズ系のイケメン風が結構いるということでした。ただ、話題のレベルはあまり高くないし、職業はOLだというと年収とかそういうことばかり聞かれてちょっとがっかりしたそうです。

場所にもよるのかもしれませんが、その子はもう一度行きたいとは思わないと言ってました。金額は地方のホストクラブにしては普通かなとのことでした。

友人の誘いで・・・

ホストクラブで働いている友人に誘われ行ってみました。健全なお店だったらしく、初回はお試しということで1000円という非常に安い金額で軽く雰囲気を楽しむことができました。ドラマなどで見る限りでは印象があまり良くなかったのですが、実際にはおしゃべりの相手になってくれる人がいる、といった感じでした。

金額を多く貢いでいる人の話を聞き来ますが、神戸のはずれにあるホストクラブではそれほどの金額を払わずに済むみたいです。

私はあまり裕福ではないので!

私はあまり裕福ではないので、そんなにクラブやキャバクラに行きません。せめて半年に一回ぐらいのペースです。私は社会人学生であり、半年に一回テストがあり、そのテストを頑張った自分へのご褒美に行っています。一回で15000円ぐらい支払っています。私は独身の中年なので、若い女性と触れ合う機会は貴重だからそのくらいのペースで行っています。

フリーで一万円になるようにしています。

私はキャバクラで1万円ほど使っています。キャッチの方と値段交渉してなんとかツータイム、フリーで一万円になるようにしています。あまり安いお店ですと女の子の対応はあまり良くない場合もありますが、基本的にはいつも楽しんでいます。

1.5万円くらいかな・・・

キャバクラはいつ行っても楽しいです。とはいえ、1.5万円はかなりの負担。 そのお金で、あれも買えた、これも買えたと思うのは貧乏性だからでしょうか。それでも行くのですから、スケベで貧乏性という事に成ります。これはある意味、最低の男ではあります。

若い女性との触れ合いは貴重です。

私はあまり裕福ではないので、クラブやキャバクラにあまり行かないです。せめて半年に一回ぐらいです。一度に支払っている金額は15000円ぐらいです。私は独身の中年男性なので、若い女性との触れ合いは貴重です。このような貴重な機会を大切にしたいです。

プロのお店でなくちゃんと普通の恋愛をするようにしないといけないとも思いますが、この年になるともうそういうのは面倒なので、時々こうしたお店に行くだけで満たされています。

合計で約100万円支払ってる!

大阪梅田近辺の、キャバクラやガールズバーをよく利用しています。お店自体は、格安店から中級店で月に約4万円使います。一度に使う金額は約2万円で、月平均2回利用しています。

約2年前から通い始めて、毎月お店に足を運んでいるため合計で約100万円支払ったことになります。行くお店は、決まったお店ではなく、新規に新たなお店に入ることもよくあります。

高級店は過去に1,2回しか行ったことがなく、格安のお店でも充分楽しいと感じています。お酒は強くないので、ソフトドリンクを中心にオーダーしています。同僚や上司との付き合いの一部であるため、今後も平均的に通うと思います。

今は金銭的にはあまり余裕がありませんが、余裕ができれば通える回数を増やしていきたいと考えています。

キャバ譲との思い出

以前勤めていた会社でよく会社の飲み会の後に「スナック」や「キャバクラ」に行っていたんですが、その時たまたま行った所にまさに自分好みのキャバ嬢がいたんです。

今考えれば「この子俺に気があるんじゃないの!?」と思わせてお客に指名してもらうのがキャバ譲の仕事だよなと思いますが、当時はそんな事考えもせず絶対俺はあの子にとって特別な存在だとかなり勘違いしていました。

3回くらいそこのお店に通ってその子との距離が縮まったかなと自分なりに感じた時に食事に誘ってみたらあっさりOKだったんでその子がキャバクラに出勤する前に食事にいったんです。

普通は同伴でその後お店に行くのが普通かもしれないんですがそん時の僕は無知だったので食事してお別れしたんです。そしたらそれっきり連絡が取れなくなっちゃいました。なのでその子とはその食事1回だけだったので結局使った金額は1万5千円くらいでした。

まぁ今考えるとそれだけで済んで良かったなと思っています。

友人に連れられて…

キャバ嬢私は現在27歳の男性です。始めてキャバクラに行ったのは社会人1年目の時に友人に連れて行ってもらった時です。とても楽しい時間を過ごすことができそれからは少なくとも月に1回は通っています

これまでの支払った金額はトータルで60万ほどは使っているでしょう。会社の経費を込めると100万以上は支払っていると思います。私の職場はほぼ男性なので上司たちと行けば機嫌よくなってもらい、こちらとしても非常に楽で大変ありがたいです。

正月や夏休みには地元の友人とキャバクラに行く機会も増え、やはり普通の飲み会では味わえない楽しみ方がとても魅力的です。

これから会社で中堅ポジションを任されるにつれ上司との飲み会や接待も増えるので、良い所へ案内できるようにプライベートでもどんどん通っていこうと思います。

若さ故の見栄っ張り

最近は飲み歩くことも減りほとんど足を運ばなくなりましたが20代の頃はよくキャバクラ通いしてました。といっても週に1度行くくらいだったので月に多くて5、6回のペースで遊びに行ってました。

20代の頃は見栄を張りたいもので自分もキャバクラへ行ってもそんなにお金に余裕がないくせにヘルプの女の子にも好きな物を飲んでいいよなんてかっこつけたものです。

会計もカード払いの方がかっこいいなんて思うもので会計も気にせずカードを使い、ちょっと遊び過ぎた月の請求は給料のほとんどがキャバクラ代になんてこともありました。一番多い月で20万くらい使ってたと思います。

でもお気に入りの指名をしていたキャバクラ嬢も当然、そんなにお金持ってないのはわかるようで「無理して来ちゃダメだよ」なんて言われ、目が覚めた時期もありました。今では若さ故の見栄を張った遊び方だったなという思い出です。

楽しい時間を過ごせる場所

楽しい時間を過ごすことができるのでキャバクラにはときどき顔を出します。頻度は月によって異なり、特に用事のない時には月に1回程度ですが、接待として利用をすることもあるので多い時にはほぼ毎週のごとく行くようなこともあります。

一人で行くときにはほぼ同じお店に行っていますが接待として利用するときにはいろいろなお店に行きますので価格もかなりバラバラになります。通常は1万から2万ぐらいまでが一般的金額になっています

ただ、イベントがあるときには5万程度利用することもあります。接待で利用をするときには人数によりますが最終的に一人あたりの金額が2万前後になっていることが多いです。

幹事の時にはこの金額ぐらいになるように調整します。

システムがよくわからなくて

枚方のキャバクラは何店かありますけれども先輩に連れて行ってもらったところは若い子がいっぱいいるお店でした。金額は1時間飲み放題で2500円だったと思いますが先輩がすべて支払ってくれたので正確にはわかりません。

私と先輩の二人で行ったのですが私はシステムがよくわからなくて5分ぐらい女の子としゃべると女の子が次々といれかわっていきました。どうしてかよくわからずにいると先輩はある女の子を指名してずっとその女の子が横に座っていました。

私はずっと女の子が入れ替わっていくばっかりでそんなに詳しい話ができるわけでもなく、時間ばかりが過ぎていきましたが何人もの女の子とおしゃべりができるのでとても楽しい時間を過ごすことができました。とても良かったです。

仕事の一部!?

キャバクラやホストさんのいる場所には会社の役員の方に連れて行ってもらったり、先輩に連れて行ってもらったりという形で利用することはあるのですが、自分のお金で行く機会はほとんどないです。

おそらく上司とそいうキャバクラなどに行くときはどうしても上司を立てる必要がありますし、女の子たちも高級クラブになればなるほど、お金持ちをかぎ分ける能力が高いので、上司を立てる形になってしまうので、そういった場を俯瞰してみてしまうと、個人的に行く気になれないのかもしれません。

地元の友人と久しぶりに会って盛り上がった後などは、そいういう場が好きな人間が行くと一緒に行くことはありますが、日ごろから利用することはありません。

なので、特定のホステスに対してお金を支払ったことはありません。

スナックの新人さんと仲良くなって。

昔務めていた職場が町工場だった時、その職場で行き付けのスナックがあったんです。毎月1回は職場の飲み会があってその帰りその行き付けのスナックに行くというのが当たり前になっていたんですね。

毎月行くのでそのスナックのママとも仲良くなってメールとかのやり取りもするようになっていると、ある時新しく20代前半の女の子が入ってきたと連絡があったんです。かなり田舎のスナックなので若い女の子が新しくスタッフで入ってくると急にお客が増えるんですよね。

僕たちも当然月1回が週1回に増えていたんです。でもボトルは会社のボトルなので自分で支払った金額はセット料金だけだったんですが。毎週行くのでそのスナックの新しい女の子と同年代ということもありスグ仲良くなって連絡先を交換してプライベートでもよく会うようになったんですね。

それから食事やカラオケなどよく2人で行くようになり3回目に会った時には一緒にホテルに泊まるようになりました。その当時は結局食事やカラオケ、ホテル代も合わせると毎月5万円くらいは使っていましたね。それが半年間続いたので合計30万円はその子との交際に使いました。

その後は僕にも彼女ができたので一切お店にも行かなくなって連絡も取らなくなると自然とその関係はなくなっていきました。

キャバ嬢に消えたおれの諭吉たち…

俺は今はまっていることがあります。それは世にいうキャバ嬢の姉ちゃんです。というのも、職場の先輩に連れていってもらって、それで・・・はまってしまいました。どストライクな女の子がいたんです。

お店でお金を使うというよりかは、お店の出勤前のデートをするためのお金がかなりかかっていると思います。その同伴する子はなぜか細いのにむっちゃ食べるんです。しかもお肉が好きなので、ほとんど焼肉に連れて行ってあげる事が多くなってしまいます。

あと、服や鞄、靴なども新しいものを一緒にみていると、目を輝かせて「かわいい!!ほしいなぁ」と言うんです。別に買ってと言われているわけではないのですが、俺が勝手に買ってあげたくなってしまいます・・・俺は駄目な男かもしれません。

いい金ずると思われているかもしれませんが、それでもいいんです。ちょっとでも気をひくため、というより、一緒にいる時間が俺自身も楽しいのだから、その時間をお金で買っていると思えば痛くはなのです。

私の夜のお遊び

私は 27歳男性です。わりかし若い頃から夜のお店に出歩いてはいろいろな目的で遊びに行ったことがあります。今までの金額合計で言うと何百万位にはなると思います。

行く目的は様々ですがただ単に先輩に連れられはじめはカラオケを歌いに行く位の感覚でした。

しかし、何回も通っているうちに自分好みの女性が現れ自分の頭の中ではここでお金を使ってはいけないとわかってはいたものの本能なのか会いたいがためにそのまま通いつめていたことがあります。

そうしたことを繰り返していくうちに夜の店に出歩くことに抵抗がなくなりストレスが溜まってはフラっとお店にも足を運ぶことが増えてきました。

よく行っていた時期は月平均で20回以上は通っていたと思います。毎月の仕事のお給料も全てそこに注がれ手元には残っていなかったのですがそれと引き換えに幸せなひとときが過ごせていたので何のためらいもなくお金をばらまいていました。

気にしない人は遊び感覚で買えますが、必ずしも女性は仕事できているので本気にならない事をお勧めします。