読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【幸せな人生】鬱や癌など病気を避け健康的に生きる方法は!

幸せな人生を生きるための癌や鬱などの病気にならないようにするのも当然大切な事ですよね。ですので、ここでは健康的に生きる事を望む方や幸せな人生を生きたい女性の方に適した文章や沢山の方の口コミ体験談なども記載させて頂きます。

木部さん大好き|ベッキーが好きな方の口コミ体験談はココ!

木部さんは楽しかったです。細いお体をキビキビ動かされて、周囲に気遣う事無く、色々な事を簡潔におしゃべりなされて。そう云うキャラクター設定を、多分ご本人も楽しんで演じていらしたと思います。

何度見ても笑えちゃう♪

テンポや躍動感が素晴らしく一度で好きになりました!夢中になっている木部さんの笑顔にとても癒されます。そして真剣な表情も素敵です。木部さんの明るい声が印象的で観ていて元気を頂きました。

木部さんが楽しかった

木部さんって、あのベッキーがやってた木部さん部屋のことですよね。時代の流れで髪を染めたりパーマをかけたり、化粧をしている子もいますけど、ちょっとやりすぎな子もいて、年齢に合ったスタイルがやっぱり一番輝くような気がします。木部さんの素朴で純なスタイルが学生たちに浸透したらいいな~と思って見ていました。

木部さんをまた見たい

私は木部さんが好きです。モニタリングで最初に木部さんを見たときからファンになりました。楽しくて面白くて、次の放送を楽しみにしていました。今は休業中ですが、また木部さんの姿を見られるのを信じて待っています。私に元気をくれる木部さん。好きなので絶対戻ってきてほしいです。

木部さん最高!

最近見た中では木部さんの動画が家族も一緒に見れて一番楽しめました。普段あまり動画は見ないのですが何度も繰り返して見るくらい楽しかったです。他にもシリーズがあるならいろいろ見てみたいと思います。

木部さん、カムバック!

木部さんのV、最高に好きでした。木部さん、マジで楽しかったです。木部さんが活躍する姿を是非また見てみたいです。木部さん、是非帰って来てください。木部さん、カムバック!木部さん、楽しみに待っています。

木部さん好きです!

ちょっとBLACKな、ちょっとストレートな木部さんが好きでした。木部さんを見ていると、なんとなくスカッとしました。是非、また木部さんの姿が見たいです。木部さんが活躍する姿を心待ちにしています。

何度見ても面白い!

木部さんシリーズは飽きることがありません。何度見ても、いつも初めてみたような新鮮さがあります。こんな作品に出会えることができて、とても幸せです。ぜひ皆さんも一度は見てみてください。

いつも楽しみにしていました。

木部さんのオンエアを。絶妙な間や、行動、言動がとても面白くて、家族みんなでオンエアがある時は朝からわくわくしていました。特に木部さんがスカイツリーで本を売っていた時は、とても面白かったのを覚えています。

木部さんロべさん

モニタリングの木部さんロ部さんのツーショットは、画面が綺麗でした。修学旅行生にまじっての京都での2人の予想のつかない行動も、とても面白かったです。これからも見たいです。もう一度やらないかな。

みんなで大笑い

いつもマイペースな木部さんの対応に家族全員お腹を抱えて大笑いしてました。みんなが笑うので家の中も明るくなる感じがします。年頃の子供と会話のきっかけにもあるのでまた一緒にみたいです。

くくくくっ!!思わず吹き出しちゃった

暇つぶしにと何気なしに見たこの動画 木部さん、面白すぎます。やっぱりはずせませんね~ ぼーっとしていた気持ちを一気にテンション上げてもらいました。ありがとうございます。また、お世話になります。

素直に面白かったです!

あまり動画などで面白いと感じるモノにであったことがなかったため、「本当に面白いの?」と半信半疑で木部さん動画を見ました。でも、素直に面白いと思える動画で、また見てみたいと思えました!動画が更新されるのが楽しみです!

おもろ可愛い木部さん♪大好きです

木部さん、とってもコミカルな一面がおもしろ可愛く楽しかったです。いつまで見てても飽きなくて、時間が経つのが早かった~。また画面を通じて木部さんに会いたいなぁ。木部さんを見たいです!

木部さんが楽しかったです!

あの話で渦中の真っただ中に居るベッキーさんが扮する木部さんについてですが、もう見れなくなってしまうと思うと残念です。私が一番好きだったのは、ローラさんが変装している時に一緒に共演した時です。また一緒に映っている所を見せてほしいです♪

木部さんの動画について

確かTBS関連局の番組に出ていた木部さんについてです!ベッキーさんが仮装しているあのキャラクターは、普段の姿からは想像できない破天荒ぶりなので、他の芸人さんも見習ってほしいくらい面白いです。

木部さん復活望む!!

木部さんは、ふざけたことをやっていても不快にさせない不思議な魅力があります!また、頭の回転が早い事もあり咄嗟の対応力がみてる人を飽きさせないと思います!女性芸人さんの中には不快になるネタをやられる方も多いので、芸人ではないけど面白い彼女の復活を待ってます!

素晴らしい木部さん

木部さんの出ている番組を見るときは何が起こるかわからないサプライズ感や、キャラクターの濃さによる存在感でいつも楽しませてくれます。いい意味で破天荒で明るい気持ちにさせてくれる木部さんを早くまた観たいです。

ありがとう

とっても楽しく拝見させていただきました!木部さん楽しくて、つい何回も見てしまいました~!じわじわくる中毒性にやられました…マイリス入り決定です♪また疲れた時なんかに見て、元気もらいたいですw

木部さんの可愛さ

木部さんほんっとに可愛いです!メガネかけて暗くて変人キャラなのに可愛さがにじみ出ちゃってます。しかも面白いから魅力倍増!木部さんと絡む人の戸惑いぶりがまた面白いです。こんな人がリアルにいたら付き合いたい!

木部さん大好き 

木部さんはいつも私に元気と勇気をくれます。私が元気のない時でも木部さんの動画を見ると必ず笑うことができます。それは木部さんのくったくのない笑顔に癒されているのだと思います。また新しい木部さんの一面を見せてください。

幸せホルモン「セロトニン」を増やしてハッピーな毎日を

最近イライラすることはないですか?

 

また気持ちが落ち込んでしんどくなることはありませんか?

 

ストレスの多い世の中に住んでいるとそうなることはよくあることです。

 

でも常にイライラしていたり、些細なことで気持ちが落ち込んだりする場合は、もしかしたら幸せホルモンが足りていないのかもしれません。

 

幸せホルモンってなに?

 

幸せホルモン、とってもステキな響きですが、これはセロトニンという神経伝達物質のことです。

 

幸せホルモンセロトニンは心のバランスを整える役割を果たすので、心の健康に直接関係しているんです。

 

この物質は感情を安定させてくれて、私たちの気持ちや考え方を前向きにしてくれるので、ストレスに面しても上手く対処することができます。

 

また交感神経に作用し、血圧や体温を上昇させる働きをします。ですから朝からしっかりと身体を動かせる状態を整えてくれます。低血圧で朝が苦手という方も注目すべきホルモンだということですね。

 

また抗重力筋という筋肉をサポートしてくれるので、姿勢を整えたり、スタイルをキレイにするのにも役立ちます。また顔のたるみなども防いでくれるので、アンチエイジング効果も期待することができます。

 

逆にもしこの物質が体内で不足するとイライラしやすくなったり、些細なことで落ち込みやすくなったりし、ひどくなるとうつ病になったりしてしまうそうです。

 

また頭痛の原因になったり、下痢や便秘などを引き起こす原因になるそうなので、心の健康だけでなく、体の健康にも影響を及ぼします。

 

そして記憶力などの学習能力にも関わってくるそうですよ。

 

もちろんストレスフリーな環境で生きていければベストですけど、まぁそれは難しいというのは誰もが認めるところですよね。そこで重要になってくるのがこの物質なわけです。 

 

セロトニンは私たちが毎日をイキイキと健康に幸せに過ごすために必要不可欠なものなんです。ですから幸せホルモンと呼ばれているんだそうです。

 

セロトニンが足りてない!

 

 

そんな私たちの幸せな生活においてとても重要なセロトニンですが、多くの現代人が不足傾向にあるそうです。

 

それは不規則な生活、睡眠不足、運動不足などが原因だをそうです。きっと思い当たる人も多いのではないでしょうか?現代的な生活をしていると確実に不足してしまうわけです。

 

かといっていきなり生活を全てを変えるのは難しいですよね。そして仕事などで運動が不足してしまうのも仕方がない部分もあります。そこで考えたいのが、ちょっとの努力で増やすことができる方法についてです。

 

どうすれば幸せホルモンを増やせるのか?

  

ではセロトニンを増やすためにはどうすればよいのでしょうか

 
①太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることによりセロトニンの分泌が促されるようです。朝8時までの日光を浴びるようにしましょう。体にリズムを与えるのが大事ですので、毎朝同じ時間帯にそうすることがベストだそうです。

 

トリプトファンやビタミンB6を摂取する

トリプトファンセロトニンを作る材料になります。トリプトファンを多く含む、バナナ 大豆 乳製品などを摂るようにしてください。

 

またビタミンB6はセロトニンの分泌を促すので、ニンニク、レバー、肉魚類などビタミンB6を含む食品を積極的に食べるようにしてください。

 

でも一番大切なのはバランスの取れた食事を続けてすることです。

  

③リズム運動

 

ウォーキングやジョギングなど一定のリズムで行う運動も分泌に役立ちます。でも無理しすぎないのがコツです。無理をすると体はストレスだと感じてしまうからです。そうした意味でも、ランニングよりはウォーキングやジョギングなどの軽い運動の方が良いようです。

 

慣れてきたらさらに運動強度を上げるのもいいですね。そしてきれいな景色とか周りの風景を眺めながら行なうならばハッピーな気持ちはさらに高まりますよね♪

 

④たくさん笑う

笑うたびにセロトニンの量が増加するそうです。おもしろいですよね、たったこれだけのことで体はハッピーに向けて動きだしてくれるのです。たまにはおバカなテレビとか見るのもいいですよね!

 

最近のわたしのおすすめのお笑いは、吉本新喜劇です。定番のお笑いが安心してみられるのでハッピーになれますよ♪

 

ストレスゼロは難しくてもストレスを感じにくいカラダをつくることはできるわけです。セロトニンを増やして、精神的にも身体的にも健康で、毎日をイキイキとハッピーに過ごしたいですね!

【口コミ&体験談】気分転換できる面白い話でストレス解消!

 

面白い話で気分転換したいなら口コミ体験談で!

面白い話でストレス解消!

面白い話かどうかはわかりませんが、新婚旅行で初めて海外に行きました。英語が苦手だったので、話しかけられたらどうしようとドキドキしていたら、最初に入ったお店で店員さんに「How are you?」と声をかけられました。テンパった私は「How are you!」と返してしまい、旦那と店員さんに笑われました。いや、店員さんは苦笑いでした。

私が体験した面白い話

学生時代の話です。キャンパス内を歩いていると、同じゼミの女の子が向こう側から歩いてきました。そして、こちらに向かって笑顔で手を振ってきました。自分に手を振っていると思った私は、笑顔で手を振り返しました。しかし様子が変なのです。どうやら、私に手を振ったのではなく、私のすぐ後ろにいたその子の友達に手を振っていたようです。そのことに気づいた私はとても恥ずかしくなりました。

高校生かと思いましたわ~

50代くらいのおじさんがコンビニでお酒を買っていました。おじさんは「年齢確認はええんか~?」とお決まりのギャグを飛ばし、レジのおばちゃんも「実は高校生かと思って迷ってたんですわ~まあ私もこないだ女子高生と間違われましてん」と応戦していました。

マンガみたいな転び方・・・

寝坊して慌てて家を出て、バス停に向かうと既に目的のバスが!走りながら鞄からパスケースを取り出したら、手を滑らせて落下!拾おうと屈んだら眼鏡も落下!驚いたのとバランスを崩したのとでそのまま転倒、鞄の中身が散乱!そして去ってゆくバス、信号待ちのドライバーの視線…恥ずかしかったけど、マンガみたいだなぁと思いました。

子供の発想力

バスの中で流れる「運賃をお支払いの際は~」のアナウンスを聞いて、母親に手を引かれていた幼稚園くらいの男の子が大爆笑!何が面白いのだろう、と思っていたら、「おかあさん、"うんち"だって!"うんち、ん~!"だって!」とけらけら。大人になると定型文の車内放送も聞き流しますし、そんな発想もなくなります。子供の頭の柔らかさが少し羨ましくなり、くすっとしました。

ローマ字

海外旅行でパリからローマに飛行機移動で、ローマに到着する前に飛行機の中でお隣だった一緒のツアーのおばあちゃまが、やっと言葉の通じるところに行ける、とおっしゃってた。イタリア語が分かるのかと驚いたら、ローマ字で通じると思ってた。ローマだけにローマ字!

五時半ですよ

友達の話です。友達が夜更かしをして、朝の四時まで起きていました。「もう四時だから寝るか~」と思って寝て、次に目が覚めたときは目覚ましの時計は五時半。「一時間半しか寝てないのによく寝たな~」と思っていると、電話がかかってきて、電話に出ると朝からテンションが高いおばさんからの電話。「お母さん今家にいる?」と言われて、お母さんの部屋を覗くとお母さんは寝てる。だから、「お母さんはまだ寝てます」と答えると電話先のおばさんは「あぁ、そうなの?」と不思議そうに答え電話を切った。 そして、テレビを付けたら午後のニュース番組がやっていた。 時刻は夕方の五時半でした。

セルフ金縛り

友達の母親は霊感の強い方で、金縛りにもよく合うそうです。その日の朝も、体を起こすことができないことで金縛りに気づいたそうです。しかし実際は、髪の毛を自分の背中で踏んでいたので起き上がれなかっただけだったそうです。

天然な母親

私の母はとても天然です。未成年が煙草を吸うのはいけないという話を私たち兄弟にしてくれたとき、母は自分が学生の頃の話をしてくれました。母「ママが高校生のとき、友達が先生に怒られて謝ってお辞儀してんけど、胸ポケット卵入れてたからスルッておちて先生にばれてん」、父「卵やったら落ちて割れるがな。煙草や煙草」という会話が繰り広げられていて私たち兄弟はポカーンとしていたのでした。

みかん

小学生の頃、給食の時に最後の楽しみにとっておいたみかんが、机からころころと床に転がってしまい、拾おうとしたら、教室を歩いてた男子にあっけなく踏みつぶされてしまいました。おむすびころころの残念版みたいな感じでした。

振ってから開ける

いつも自動販売機で缶コーヒーを購入して飲んでいる友人がいました。缶コーヒーを買って、缶を振ってからプルタブを開け飲み始めます。しかし友人はその日疲れていたのか、考え事をしていたのか、プルタブを開けてから缶を振り始めたのです。当然あたりはコーヒーまみれ、呆然とする友人を見て、みんなで笑い転げていました。

ぼっとん

現在ではあまり見かけなくなった和式トイレ。しかも汲み取り式の通称ぼっとんトイレですが、私の子供の頃は何処の家でも当たり前でした。それは私が小学生だった丁度夏休みのお昼頃に起きた事件です。当時我が家は小用と大用でそれぞれトイレが家の中と外とに分かれていました。子供心にも夜の外トイレに行くのはとても怖いものでしたが、かといって家の中の小用トイレはおつりがくるようでしたので、それも不快に感じて私いつも外のトイレを使っていました。夏休みのある日私がトイレに入りいざ用を足そうとしたその時でした。いつまで経っても片足が地につかないんです。あっと気づいた時にはぬるっとした物の中に私の片足は吸い込まれていました。それからはもう無我夢中で足を引っ張りあげ、大声で家族に助けを求めました。家の前を流れる川で足を洗いなんとか事無きを得ましたが、家は川上。当時お米や野菜などは川で洗う家が殆どでしたのでその時にもし川下に居たら、と思ったら申し訳ない気持ちで一杯でした。ちなみにニオイは一週間取れませんでした。いつも姉と一緒の部屋で寝ていたのですがさすがにその間は隔離されてしまいました。当時はかなりショックな出来事でしたが今となっては笑い話となっております。ストレス解消になりましたでしょうかw

夏休みがバイト探しで潰れた話

高校一年生のとき、お小遣いがほしくて夏休みは絶対バイトしようと思っていたけど、面接のノウハウもなくアルバイト経験もなかった私はどこに行っても落とされました(笑)あっという間に1か月が過ぎ、バイトするつもりがバイト探しになってしまいました。(笑)

しりとり

友人が東京の知り合いと飲んでる席でしりとりをはじめたそうです、東京の人がバリカンって言って終わったと思ったら、友人が大丈夫って言って「んめっ」って言った瞬間、発音がおもしろかったのか大爆笑していました。 ちなみに「んめっ」和歌山の方言で梅干しのことらしいです。

どっちがどっち?

先日、高校に入学したばかりの娘との会話です。「勉強大変だけど、遊ぶ時は遊んで、勉強する時は勉強して、メリハリが大事だよね!」「うん、メリハリね!」「ところで、メリとハリって、どっちがどっち?」「…」

お酒とオカマ

呑みに出かけた帰り、いつもの道を歩いていたらオカマが歌っていました。私はオカマより大きな声で歌いました。オカマも負けずと歌います。私ももっと大きな声で歌いました。その後のお記憶はありません。

バナナの皮

バナナの皮で滑るなんて、実際はそんなシチュエーションはありえないと思っていたんです。うちの娘が小さい頃におやつにバナナを食べていて、なぜかバナナの皮を床に捨てていて、その皮を見事に踏み勢いよく滑ってしまいました。ほんとにあるんだと我が娘ながら大笑いしました。

アンタらは老舗のダシか!

うちのお風呂は追い焚きができます。それをいいことに、兄と私は水を足してお風呂を沸かして、お風呂そうじをしたフリを続けていました。数日後さすがに母にバレて、「アンタらは老舗のダシか!」と怒られました。あれ以来、創業以来継ぎ足してるダシ…と聞く度に思い出します。

コーヒーに塩はいかが?

大学生の頃の話です。私は甘いカフェオレが好きで、いつもスプーン二杯ほどの砂糖をいれてカフェオレを飲んでいます。ある日、いつも通り砂糖を入れてカフェオレを作りましたが、何となくいつもと違うと感じましたが特に気にせずカフェオレを飲みました。口に含んだ瞬間予想外の味で頭がパニックになり、あわてて洗面所にいって吐き出しました。マズイというより塩辛い。つまり、塩と砂糖を間違えてしまったのです。まさか、自分が漫画みたいな間違いをするとは思ってもなく、結構ショックを受けました。後日、母にその話しをしたところ、「私なんてアイスコーヒーと麺つゆを間違えて、麺つゆに牛乳をいれて飲んじゃったんだからね!」

我が家はオープン

これは僕が22歳の時の話です。久しぶりに実家に帰ったある日の事です。我が家は元々色んな意味でオープンでしてその中でも特に母親が少しぶっ飛んでいます。その日も普通に過ごし夜も遅くなり母親と話していた僕も「ぼちぼち寝るわー」と母親に言うと「早く寝ろ寝ろ。今からあんたの妹を作るんじゃけ」と笑いながら言ってました。どうせいつもの冗談だろうと思いながら「あーはいはい。可愛い可愛い妹をお願いしますよ」と言うと急に母親が真顔になり「ほんまにないと思っとるじゃろ?」と言ってきました。僕は心底どうでも良かったので「知らんがな!」と言いその部屋を後にしました。次の日そんな事は無いとわかっていながらついつい「妹できた?」と聞いたら「出来たよ!ほら!」と僕に見せたのはたまごっち。何故こんな時代に……しかもホワイトって当時のレアカラーをまだ持ってて笑ってしまいました。

ボケとつっこみ

お姉ちゃんが遊んでいたラッパのおもちゃを弟が横取りしました。「楽器返して!」と怒るお姉ちゃんに、楽器という言葉がわからなかった弟は、キッチンにへ行き「はい、カキ」と柿を持ってきました。するとお姉ちゃんは「私が欲しいのは楽器!これは食べる柿!」と見事なボケとつっこみが成立していました。

言い間違い

年少の娘が幼稚園から帰宅し「明日の遠足、チャイルドシート持ってきてって先生が言ってたよ。」と言いました。バスにチャイルドシートを全員つけるのか!?とびっくりしましたが、よーく考えてわかりました。持っていくのは、レジャーシートです。レジャーシートという言葉になじみのない娘が、いつも使っているチャイルドシートと勘違いしたということでした。

灯台下暗し

家にいるワンコが家の中で探してもおらず、玄関を見るとドアが開けっ放しになっていたので、出て行ってしまったと思い、家族総出で車を出して探し回りました。いくら探しても、道行く人に尋ねても見つからず、一旦家に戻るとトイレの中にドアを閉めて閉じこもっていました。いくら呼んでもワンとも吠えなかったので全く気づきませんでした。

カップ焼きそばほど

私の父の知人の話です。その知人はカップ焼きそばが大っ嫌いな方だったそうで、「カップ焼きそばほどまずいものはない!」と豪語するほどだったそうです。ですがその方は、カップ焼きそばを作る際にお湯を入れた後すぐにソースを入れて作っていたみたいです。正しい作り方を知った後は、「カップ焼きそばほど美味いものはない」とおっしゃっているそうです。

かちかち山!?

学生時代、理科の実験中のことです。説明中の先生の白衣の背中に私のつけっぱなしのアルコールランプの火が燃え移り大騒ぎになりました。先生は全く気付かず学生の私達が「先生ー、背中がー!」と叫んでいました。

見られていたとは

実習中こっそり抜け出した学内食堂で担当教授が入ってくるのに気付き慌てて飛び出した私は転びました。実習に戻った私は後から帰ってきた教授から、さっきは痛く無かったね?と尋ねられました。

おにぎり売場の棚に

先日、夜中に小腹が減ったので近所のコンビニにおにぎりを買いにいきました。どれにしようかとおにぎり売場の棚を物色しておりますと、おにぎりにまじって、なんと丸めた靴下がおいてあったんです。しかもおにぎりっぽく三角の形に丸めてありました。誰かがいたずらでやったんでしょうが、ちょっと面白かったので、そのままにして帰ってきました。

猫轢いちゃった

自転車でコンビニへ買い物に行きました。突然目の前に猫が飛び出しで来て、猫もこちらに気付きましたが、驚いた猫は逃げずにそのままその場に丸まってしまい、私は避けきれず自転車で猫を轢いてしまいました。その後猫は何事も無かったかのように逃げて行きましたが、私は今でも猫を轢いた時のふんわりした感触が忘れられません。

「た」?か、「た」なのか?

中学の英会話の授業で、日本語ペラペラで漢字も読めると言っていたアメリカ人の先生がいました。その先生、クラスメイトの(苗字は仮名です)木村太クンを、Mr.T,Kimuraと呼び教室中がざわつきました。「太」って「た」なの?あいつは、キムラ・タなの?それから彼は違うクラスの生徒にまでミスターティーと呼ばれるようになりました。知らない人が聞いたら、ちょっとカッコイイですよね。

じいちゃんちのトイレでうひゃー

末っ子6才と田舎のおじいちゃんの家に遊びに行った時のことです。一人でトイレに行った末っ子、しばらくすると、うひゃーと叫び出しました。見に行くとトイレ中がビショビショになっていました。お尻を洗うボタンを押したら、水圧が最高になっていてお股の前の方にもろ命中したそうで。思わず座っている位置をずらしたらトイレ中に水が飛び散ったそうです。なんで水圧が最高に?と聞いたら、おじいちゃんが最高じゃないと当たっている気がしないだろ、と言っていました。