健康で幸せな生活を|楽しい人生にする方法は口コミ体験談で!

みんな健康で幸せな生活をしていきたいって思っていますよね。このブログではとても楽しいハッピーな人生にする沢山の方法を口コミ体験談も含め掲載をさせて頂きますので、今後健康的で幸せな人生を生きていきたい方はここの口コミ体験談などを参考にしてくださいね!

【女性の口コミ】レディースデーやレディースプランでお薦めは?

f:id:mirai-akarui:20190716130740j:plain

レディースデーのお薦めは口コミ体験談で!

『レディース』と聴いたら皆さんは何を思い浮かべますか?レディースデーやレディースプラン、ファッションなど色々ありますよね。

私が最初に思い浮かべるのは、やっぱり映画を観る時などにお得になるサービスっていう感じでしょうか。

そのほかにもいろいろ考えたらホテルでの割引なんかもあると思います。

それに、社会で生きていく中で女性だからこそ得をすることもありますよね。

例えば、ご飯に行ったときでも男性がおごってくれたり、重い荷物を持ってくれたりだとか、他にも思い切りお洒落ができたりと…たくさんありますね。

男女平等と言いますが、女性であることを最大限生かして楽しむことも大事かなと思ったりもします。

そして女性がお得なサービスを受けてニコニコ笑顔でいると周囲も幸せになりますので、みんながハッピーになれますよね♪

皆さんが今まで女性で得したことはありましたか?ちょっと気になったので口コミで聞いてみました。

それと、もっとお得なレディースデーや女子会プランのイベントはないのかな?と思ったので、それも一緒に合わせて聞きました。

これからレディースデーでかなりお得な所はないのかな?なんて考えている女性の方は参考にしてくださいね。

お得感が高まる♪

映画チケットが普段であれば1800円の所が、レディースデーを活用すると1100円になり1回で700円も得をする事が出来ました。

平常料金だと私にとっては比較的値段が高く、あまり観に行く事が出来ません。

ですがレディースデーがある事によって、映画を観る機会が格段に増えました。

ちゃんと割引されるときに観に行き、浮いた700円を貯め、その貯まったお金を使ってまた映画を観に行っています。

浮いたお金でまた映画を観られるので、よりお得感が高まります。便利でお手頃なサービスがあり本当に良かったです。

女性向けサービスって意外と多いのでお得に生活できますよね。

美味しいパスタランチは木曜日がお得

ランチをする女ママ友と月に2、3回ランチに行きますがいつも行くパスタ屋さんは木曜日がレディースデーなので何種類かのパスタが半額で食べることができます。

パスタは半額でもドリンクとケーキをつけると1000円ほどにはなりますが、通常の金額ですとパスタだけでも1000円はするのでかなりお得にパスタランチを楽しんでいます。

子どもがいるとパスタは服が汚れることも多いので気を使いますが気の合うママ友とのパスタランチは楽しい時間なうえ、美味しいパスタを半額で食べることができるのでこれからも木曜日のランチは半額のパスタになると思います。

映画のレディースデー

数年前からミニシアター系の作品にハマり、仕事帰りによく映画鑑賞に行っていました。

ミニシアター系はシネコンと違いネットなどでもレビューが少ないため、タイトルやパンフレット、前回の告知で見た印象だけで鑑賞に行くのですが、通常なら映画代1800円が、当時のレディースデーは1000円、半額近くで鑑賞できるのはとてもお得でした。

それにレディースデーだと女性が多く、鑑賞中に物を食べたりガサガサと雑音でうるさくする人が少ないので、いつもよりも集中して観られます。

少しずつ節約して。

私は友達と1週間に1回一緒にランチを楽しんでいます。

今までは近くの喫茶店でだいたいランチを楽しんでいたのですが、駅の近くに新しい喫茶店ができたのでランチをしていると、ある曜日が毎週女性だけお安くしてくれることに気づき、次の週から毎週その曜日にランチをするようにしています。

毎回いつもの500円割引はしてもらって、1年経った今はその割引もありとてもお金がたまって、そろそろ好きなものが買えそうです。

買うといっても安いアクセサリーなんですけどね、楽しみつつお金を節約した気持ちになれるサービスはいいですよね。

チョットした気遣いが、いつもと違って嬉しい

財布を持っている女たいした用事もなかったのですが、車屋さんにチョット顔を出しに行く程度で行ったのですが、その日がちょうどレディースデーの日でした。狙って行ったわけではなかったので、何となく得した気分になりました。

いつもはドリンクだけなのが、お菓子まで出してくれました(笑)。

すごいサービスというわけではありませんが、このチョットした気遣いが嬉しく感じました。いつもと少し違うサービスって女性は好きです!

毎週木曜日は…

子供たちを幼稚園や小学校に送り出し毎日家事やPTAに追われる日々。

たまにはストレス解消に友達と集まってしゃべったりランチしたりしたいけど、お互い中々そんな時間もお金も無い時には漫画喫茶のレディースデーに行く事にしています。

自遊空間はクーポンサイト利用で毎週木曜日は女性は半額になるので、気になる漫画を読みながら飲み放題のドリンクでストレスもすっきりですし、おなかも満たされます。

体のコリが気になるならマッサージチェア付きの個室を借りれば体のメンテナンスもバッチリです。

やはりこれですね!

王道ですが、やはり映画館ですね。まともに払えば1800円の所を1100円で観られるのはとてもお得です。

浮いたお金で同行の方たちと、映画館を出た後に喫茶店に入って映画の感想を話し合ったりして盛り上がって帰れますし、良い映画なら売店でパンフレットやグッズ等購入していく方もいらっしゃると思います。

700円安いのはとても大きいですよね。

女性は財布を握っているだけに、使いたいと思った事や物には、惜しまないですから、女心を掴むサービスは、これからも無くならないと思います。

浮いたお金を使ったフリ!

いつもの値段よりもお金が割引されると仕事をしている女性や、専業主婦には嬉しいですよね。

例えば映画館だと、普段は大人1800円の鑑賞代なところ、レディースデーだと1200円で観れたりして、600円の節約になります。

ここで浮いたお金は使ったフリをして貯金箱にポトリ

元は払うべきお金だった訳ですが、600円は非常に大きな金額です。

気付けばその貯まったお金が欲しかったバッグや服が買えるような金額になることもしばしばです!

お得に映画が見られました!

パートが終わると、いつも買い物に立ち寄るショッピングモールの最上階には、映画館があります。

時々みんなで仕事帰りに行くのですが、どうしても見たい映画があったので、一人で入りました。

いつもは1800円なのに、今日は女性が割引される日で1000円になったのです。

丁度、給料日前で苦しかったのですが800円も浮いたのです。

今日はラッキーなので、自分にご褒美をするつもりで、前から入りたかった口コミでも人気だったレストラン街の中のお店で、イチゴのケーキセットをいただきます。

嬉しい女性限定!

きらきらしている女私が得した!と思ったのは飲食店のレディースセットやレディース割引きです。どちらも女性の目を意識したもので、お得感があります。

飲食店では、ランチにデザートやサラダがついていたりするのでよく利用します。

レディース割引きもドリンク無料券などがあるので、飲食店のサイトのクーポンのチェックは欠かせません。

これまでで女性で得したと感じたのは、ホテルニューオータニのビュッフェVIEW & DINING THE Skyへ行った時のことです。

ニューオータニレディースクラブに入会しているので、料金が10%オフとなりました。

しかも男性も含めグループ全員が10%引きでした。3万円近い食事代からの10%引きですから、かなりお得でした。

いろいろ得してます♪

レディースと言えば、映画館の割引以外にもスキー場のレンタル券やカラオケの割引もあります。

大抵は水曜日に設定されているので、社会人となった今では縁の遠いものとなっています。

今まで女性として得したことは、重い荷物や汚れ作業を男性がやってくれることです。特に潔癖症の私は学校などでの掃除が大嫌いでした。

しかし、大人になるにつれ、そういった汚れ仕事を男性がやってくれるので悪いと思いながらも任せてしまいます。

他にも、異性の先輩との食事ではほとんど相手側が支払ってくれます。

これは社会人になった今でも、飲み会では男性より1000円安くしてもらえるなどの点で得をしています。

毎日の通勤時に女性専用車両に乗るのですが、専用なだけあり乗客数が少なく満員電車でも割とゆったりと乗ることができます。

ランチでストレス解消!

最近では女性向けのプランも多数増えてきて、女性だけのグループでの参加でカラオケボックスを利用したときの特別プランが用意されていたり、宿泊やランチなどさまざまなプランが出てきています。

その中でもやはりランチでそのようなプランがあるのは大変お得感もあって嬉しいです。

ランチでおしゃべりが一番のストレス解消になるので、さらにその際にお得な女性専用のランチメニューがあれば、他に普通のメニューがあっても必ずと言っていいほどそちらをチョイスしてしまいます。

またその専用メニューは量が少量になっているわけではなく、通常のメニューよりも豪華な場合も多く、品数もあり満足感は十分なほどです。

このような体験をすると得したなと思います。

専用車両でお得さを実感!

映画館の割引以外ではランチの割引が嬉しかったですね。

以前、ホテルのランチに友達と行ったことがあるのですが、そのホテルでは女性というだけでランチが500~600円程度割引になったので、かなりお得な感じがしました。

安くて食べられると、その事実だけで食べ物がおいしく感じられます。

また、他に女性で得したことと言えば、身近なところでは、通勤時間帯の電車で女性専用車両が導入されている場合があることです。

女性専用車両でないと、色々な人、特に中高年の男性の妙な臭いがする車両に乗って我慢しなければならない時があります。

女性専用車両ではそのような変な臭いがしないので、臭いに敏感な私としては、過ごしやすい車内でとても助かっています。

別に痴漢に遭ったことはないのですが、臭いという別の形の我慢をせずに済むというのは助かりますね。

生まれ変わっても

ハートと女男女平等とは言われますが、仕事や給与面ではまだまだ男性優位な部分もあるかと思います。

しかし、普段の生活の中では女性が優遇されるケースもあります。

例えば女性がレストランに行くと、レディースランチを頼むことができます。

レディースランチは値段がお得で、デザートがつくなどとても嬉しいメニューです。これは女性に生まれたからこそ楽しめるものだと思います。

さらに食事面で女性が得なのは、勘定をするときでしょう。

もし太っ腹な男性と一緒に食事をしたなら、奢ってくれることもあるかもしれません。

合コンなどで女性も代金を払う場合でも、男性が出すより少ない金額で済んだりします。

私はまさにこの点で得したのです。私は若い頃お酒に強かったので、合コンに行くと男性と同じか、もしかしたらそれ以上お酒を飲んでいました。

それなのに、払う金額は女性だからという理由で男性より少なくて済みました。

合コンに行くたびに、お得に飲めるので本当にありがたいと思っていました。

私自身は、女として生まれてきて人生で得したと感じたことが多かったです。

生まれ変わってもまた女で生まれたいくらいです。

女心をくすぐるサービス♪

私は今、子育て中で映画館に行く機会がないですが、昔はよく利用しましたね。

レストランなどのレディースセットも昔はあまりお金がなかったので嬉しかったです。

ちょっとしたデザートが付いていたり、野菜が多めでヘルシーだったり、女心をくすぐるセットでお値段もそんなに高めにされていないのでこれもお得だなぁと思います。

お友達とのランチにぴったりですよね。

あとは、旅行会社などで提案されるレディースプランなどでしょうか。

かわいいお部屋で宿泊出来たり、浴衣貸出サービスだったり、女性にうれしいサービスが付いているので、女子旅にいいですね。

レディースと付くものはたくさんありますが、お得なものも多いので、女子向けプランがあるものは一度しっかりチェックするべきだと思います。

レディースといったら…

ゴルフの女子プロが1番に思いつきました。好きなプロゴルファーは最近はイボミです。

なんといってもプレイスタイルは分からないけど外見が可愛いですね。

そんなことしか見ていない男は格好悪いですが、格好良く見せようとみんな必死なのです。

女性で得したことはというか得させてもらったことは、人を思いやる気持ちを養えたことです。

男ならではの良く見せたい、見られたいっていうのを女性に対しては男はエスコートすることで男女に関係なく優しく接せられる人間になれた気がします。

誰にでも優しくできる人ってすごく好きです。

顔に性格が出ると聞いたことがあります。僕も顔に性格が良い様にでるように成長したいです。

時間を無駄にしない!時間を有効活用する方法

f:id:mirai-akarui:20171016204418j:plain

人生の中でやってみたいことっていっぱいありませんか?

あれもしたいし、これもしたい、いろいろやりたいことがありすぎて・・・でも仕事もしないといけないし、これ以上睡眠を削るわけにはいかないしどうしようと困ってしまうことがしばしばあるので、時間を無駄に使っているときはないかな、効率良くできないかな、などよく考えます。

人生、無限にあるわけではないので一分一秒無駄にしたくないですからね。時は金なりです!

なので、皆さんどのようにして無駄がないように効率よく日々を過ごしているかちょっと知りたくなったので口コミ体験談で聞いてみました♪

忙しい中でも自分の時間を作れるように工夫されているので自分の時間がなくて困っている方などは参考にしてみてはいかがでしょうか?

手帳をフル活用!

私が時間を無駄にしないためにしていることは、前日の就寝までに、次の日の予定を立てておくことです。

朝の起床時刻と夜の就寝時刻はもちろんですが、その他についても手帳に記入しておきます。

そして、1日が終わると、予定に対して結果がどうであったかの振り返りをします。

この振り返りを次の日の予定を立てる際に生かしていくことになります。

振り返りには、その日にあった楽しかったことを思い出すことも含まれます。

思い出すことで明日に向かってのやる気が出てくるからです。

また、それに加えて、今後やるべき事がふとした時に思い浮かぶことがありますので、それも忘れないうちに手帳にメモしています。

布団に入ってから眠るまでのうちに思い浮かぶことが最も多いです。

二度手間を省いてます

家事をしていると同じ所を何度も行ったり来たりする必要がありますし、待ち時間なんかも結構あります。

そういう二度手間や待っているだけの無駄を省くために、朝と夕に「することリスト」を簡単に箇条書きにして書き出すことにしています。

メモを書くのが無駄だという考え方もあるでしょうけれど、これをすることで、半日の家事を漠然とじゃなくしっかりつかむことが出来ますし、同じ部屋でする作業を纏めることも出来ます。

洗濯をしながら掃除機を掛けるとか、夕飯の支度と並行してお弁当や朝食の野菜も切っておくなど、極々普通の家事ですが、後から一緒にやっておけばよかったと思うことが多いのも家事です。

リストも見て何から手を付けてどう動くかを、自分の中でシュミレーションすることもできるので、立ち上がってからの行動に迷いながら家探しながらが無くなって早くなります。

一秒たりとも無駄にしたくない!

家事や育児、仕事までこなしている主婦の私は、自分の時間を少しでも取りたいと思っているので一秒たりとも無駄にしたくはありません。

毎日が効率よく進むように、週単位でスケジュールを組むようにしています。

まず、週の初めに一週間分の食材をまとめて購入して一週間分の献立を作成します。

保存できそうな副菜のメニューをいくつかその日のうちに作っておき冷蔵庫に保存しておきます。

この作り置きをする習慣ができてから夕食の準備に時間がかからなくなりました。

また、洗濯はお風呂に入っている間に回しておいて、寝る前に外のベランダに干しておきます。

こうしておくことで朝の忙しい時間帯が楽になるのです。

洗い物は食洗機にお任せしてます。我が家の食器は食洗機に使用できるかどうかを基準に選んでします。

確かに食洗器を買うという初期投資は必要ですが、それに勝メリットが長くあるなら『節約した』ということができますよね。

こうして時間を無駄にしないように家事に工夫をし、空いた時間には子供の話を聞いたり世話をするようにしています。

少しの工夫でも大きな違いにつながるので、どうすれば無駄を減らせるのかと、周期的に考えるのが大事です。

いろいろと模索した結果…

時間を無駄にしない方法と言うのは、意外と昔から意識しているテーマです。

まあやり方は色々模索しましたが、私の場合は最終的には「機械や道具などが自動的に何かをしている間に〇〇」という感じに収斂するようです。

例えばいつもある事じゃないですけど、パソコンが大容量のダウンロードをしていて使えない間に買い物に行くとか・・・いやこれはwin10の大型アップデートという存在により意外と無視できなくなりましたね。

あとは個人的には冬の間だけあるものとして、やかんに入れた水を火にかけている間に、他の色々な作業をするとかわずかでも筋トレを行うというのもありますね。

やかんを暖房器具として使用していないとまずありえないケースだとは思いますし、生まれる時間も5~10分程度ですから出来る事も非常に限定されますが、5分を無駄にしないと決めていると意外と多くの事が行えるんです。

シンプルだけど効果アップ!

時がたつのは早いなと感じたとき意識してしまうのが「自分の時間の使い方」。一度自分自身を見つめてチェックしてみる必要がありそうです。

私の節約術は「とにかく時計を見ること」、シンプル過ぎますがこれが意外と効くのです。

全部の部屋に時計を置くのは当たり前、お風呂、トイレ、キッチン、玄関、ちょっとしたスペースでも全て時計を置きます。

特に効果があるのはパソコンスペースのそばと食事をするテーブルの上。

私はこの二つの場所が一番無駄にしやすいところなので目立つところに大きめの時計を置いています。

コツは何かを始めたら必ず「終わりの時間」を決めること。「あと何分」という切迫感があるので否が応でも集中出来るんです。

ついだらだらネットサーフィンしてしまう、ほっと一息の休憩が長すぎる、そんな人に効果絶大、予定通りにやり遂げた時の充実感は最高ですよ。

一日のスケジュールを組む

時間には限りがあります。人生は自分が思っているほど長くはないかもしれないので、大切にして日々を過ごすように心がけています。

無駄にしないようにしていることと言えば、朝起きたときに一日のスケジュールを組むことです。

夜寝る前までに、やりたいことややっておくべきことをメモ帳に書き出し、自分の中で順番を決めていきます。

リストをかき終えたらスケジュールを組みそのメモを持参して仕事に出かけます。

時にはメモを確認しながら行動していくことが大事です。

自分のやりたいことが一日の中でやり終えたときには充実感でいっぱいになります。

効率的に過ごすようにスケジュールを作成してそれをメモして行動することはおすすめです。

買い物リストを使って♪

時間を無駄にしないよう、買い物前にリストを作ってから出かけるようにしています。

まず買うものをリストアップし、ジャンルが同じものには同じ印をつけていきます。

たとえば、トマトとキャベツがリストにあった時、これらは野菜なので同じ色や形の印をつけます。

印つきのリストを持っていくことによって、スーパーを行ったり来たりすることなく、お会計ができます。

このリストを作って持っていくようになってから、買い物がおよそ15分短くなりました。

夕食の用意を早くはじめられるようになったので、副菜が増えました。家族の健康に良いだけではなく、食卓が華やかになり、家族が喜んでいます。

買い物リストによって無駄を防ぎ、家族の心も体も喜ぶ食卓ができました。

スマホなどを使用して効率化

全人類、どの国の人間も、金持ちも貧乏人も、皆等しく持ち合わせているもの、それが時間です。

それを有効活用するために私は、移動などの今までは特にやることがなかった場面でも、スマホなどを使用して作業するようにしています。

数年前までは考えられなかったことですが、テクノロジーの進化で時間の有効活用が容易になりました。

しかし、電車などの移動ならそれでいいのですが、徒歩の場合は歩きスマホをするわけにもいかないので、急いで移動するようにしています。

しかし、徒歩でも30分以上かかりそうな場合はタクシーなどを使用して自分の作業時間を確保できるようにしています。

金遣いが荒いと言われることもありますが、お金では買えませんからね。少しでも自分の時間を確保できるように努めています。

スケジュールを細かく立てる

以前の私は一日をダラダラと過ごしていました。

テレビやDVDを観ながら寝ていたり、やらなくてはいけないことを後回しにして大変な目にあったりしていたんです。

そのような生活をしていると体重は増えるし肌荒れもするし、活き活きとした毎日が送れなくなりました。

このままじゃいけないと思いついたのが一日のスケジュールを細かく立てることです。

朝起きる時間を6時にして、ランニングや朝ごはんや移動まできっちりと計算しました。

情報収集としてテレビを見るのも大切だと思うので、全て録画しました。

それをストレッチや仕事をしながら倍速再生して、目で見るよりも耳を働かすことにしました。忙しいときには二つのことを同時にするようにしたのです。

これで休みの日も無駄にすることなく有意義に使えるようになりました。

しなければいけないことをメモる

時間を無駄にしないためにいろいろしています。例えば前の日に、メモ用紙に次の日にやろうとしていることをメモっておきます。

それを1日の流れを考えて効率よく動けるようその日を、行動していきます。

午前中に動いた方が良い事は午前中に動き、午後しかやっていない場所は午後に動くようにし行動の無駄をなくしています。

後やっている事はどんなに忙しい日でもゆっくり考える時間を毎日少しでも作り1週間の段取りを考えたりしています。

頭が冴えている日などは次の次の事まで考えて計画をすることもあります。

車の運転等の時も常に目的地までの最短ルートを考え運転するよう心がけています。

それによりにより大幅な時間短縮をできることも多々あります。時は金なりなので無駄にしないよう日々心がけています。

整理整頓をしています

以前はよく失くし物をして、何時間も探し廻っていました。失くし物を探していると、時間や労力を浪費してしまいます。

最近では部屋を小まめに整理整頓することで、失くし物を減らして浪費を防いでいます。

時間を大切にするために、効率的良く整頓することを心がけています。

それには持ち物を少なくして、収納スペースをしっかりと確保することがコツです。

整頓しやすい環境が整っていれば、ラジオやテレビを視聴したり、考え事をしながらでも整頓できます。

雑誌や新聞は、最新号だけをクリヤーフォルダーに挟んで置いておき、バックナンバーはさっさと片付けます。

失くしがちな電気製品の説明書や保証書などは、ポケットファイルにまとめています。

鍵や財布それに手帳は、いつも同じバックの中に入れる習慣にしているので、失くしません。

空いた時は試験勉強!

時間を無駄にしないためにしていることは資格試験の勉強です。

現在はFPの勉強をしています。金融関係の仕事をしているので、仕事に関係する資格を取ると査定へ上乗せがあるので頑張っています。

仕事が忙しいときなどは、正直テキストを開くだけで精一杯の日もあります。

しかし、通勤電車の中でスマホでネットをして過ごすよりも有効活用できているんじゃないかと思っています。

今まで知らなかった社会保障制度の仕組みや金融商品、はたまた相続や保険のことまで一度に勉強できるので、仕事はもちろんですが、いつかはプライベートにも役立つのではないかと思っています。

たまに気分を変えて図書館やカフェで勉強するのも、学生時代に戻ったようで楽しいです。

料理はできる限り時短で

毎日行う家事の中でも特に時間がかかるのが料理です。

作る料理にもよりますが家族が家に帰ってきたらすぐにご飯を食べさせてあげたいので昼間のうちにすぐ食べられる状態のところまで料理を仕上げておきますがどうしても時間がかかってしまいます。

他にも掃除や洗濯物の片付けもあるので料理はできる限り時短で仕上げられるように工夫しています。

特に煮こみ料理やお肉のした茹では圧力鍋をつかって手早く行い使う野菜はまとめて切っておき料理ごとにわけておきます。

コンロを使う順番を決め火を通したらすぐに次のお鍋をかけてガス代も節約するようにしています。

家族が喜んでくれる料理をすぐに食べさせてあげたいのでこれからもより時短で料理作ることができるように頑張りたいです。

家事・育児の合間を有効活用

子どもが二人いて下の子はまだ幼稚園児ですから、幼稚園に行っている間だけが自分の時間と言えます。

こどもが帰宅すれば習い事の送迎や付き合いなどで土日もほとんど潰れてしまっています。

夫は忙しく帰宅が遅く土日出勤も多いので家事、育児は一人でやっています。

子供との関りは楽しいですが、自分のやりたいことをやれないストレスを感じ始めた時、手帳を使って管理をすることにしました。

予め家事、育児に費やす時間を具体的に1時間単位で書き出し、空いている時は何をしたいか書き出すことで、何となくネットサーフィンやテレビをみてしまっていた無駄を見直すことができました。

何がしたいのか、実現したいことを書き出すことで、一歩を踏み出すことができました。

通勤時間をフル活用!

時間を無駄に使わないために、通勤時間を利用してアンケートに答えています。

アンケートに答えることで一問1~2円程度になります。多い時で10問程度あります。

時々単価の高いアンケートもあるので約一カ月で300円~500円ぐらいになります。

通勤時間を使ってお金を貯めています

ボーッと電車に乗っていても誰もお金をくれないのでやっているとしっかり有効活用しているような気になりその点でも気持ち的に前向きになれます。

アンケートがあまりなければ、スマホで応募できる懸賞なども応募する時があります。

これは車通勤ではできないし、電車通勤でなのでできると思っています。

大量当選の商品でも忘れた頃に家にサンプルなどが届くととても嬉しいのでやっててよかったと思います。

毎日を有効に

日々忙しくバタバタしている中であっても、少しでも時間を見つけたら様々な本・新聞を読むように心がけています。

新聞や本などを読むことで、沢山の知識が得られます。少しの時間でも毎日積み重ねることで、相当な時間になります。

なのでこの事を常に意識し、時間を無駄にしてはならないと自分に言い聞かせています。

ですがいくら言い聞かせていても、たまには時間を無為に過ごしてしまう時がどうしてもあります。

こういう時の為に部屋中のすぐ目につく所に、「毎日時間を有効に過ごしましょう。時は金なりである」と大きく書いた紙を貼っています。

こうする事で、紙を見たときに時間を無駄にしてはいけないという気持ちが再び湧いてきて、無駄にする事が減ります。

この紙の力は私にとってとても大きいです。

韓国語の勉強

いつかなんでもいいので韓国関係の仕事をしたいから私は忙しい中でも韓国語の勉強をしています。

電車と車の移動では、iPhoneで超らく韓国語マスター術というのを聴いていますし、家での食事中は、KPOPを聴いています。

週1回は韓国料理屋に行ってなるべく韓国語で注文しています。韓国料理屋は韓国語の宝庫なので勉強になります。

すごく愛想を良くしてるので、いつか仕事につながればなあと思っています。

基本的な勉強方法は、参考書を何回も何回も繰り返し読んで覚えた単語はSNSで使ったりしています。

年に1回行く韓国旅行で、日本で覚えた事を試すのがすごく楽しみです。

英語は断念したので、韓国語は忙しくても絶対覚えたいです。

【お金の口コミ】子供のお小遣いの平均は?何歳でいくらが相場?

f:id:mirai-akarui:20190623124648j:plain

子供のお小遣いの平均を知るなら!

子供のお小遣いの平均の値段はその時代や地域や年齢によって大きな違いがありますよね。

最近は中学生くらいの子供に対しても万単位であげる親もいると聞いてビックリしました。

それが平均なのかどうかはわかりませんが、自分たちの事を考えると多く感じますよね。

それが子供のために本当にいい事なのかは疑問ですが、幾らくらいが最近の平均相場なのかは知っておいて損はないですよね。

そしてそれを子供がどんな風に使っているのかを知っておくのも大切ですよね。

そこで今回あつめたクチコミ体験談は、子供のお小遣いの平均とその使い道についてです。

年齢層によっても平均は大きく異なりますので、何歳なのかという点にも注目しながらご覧になってください。

子供を持つ親の皆さんにとっては必見の情報ですので、ぜひ参考になさってください。

一日20円!どうやって使う?

7歳の男の子ですが、1日20円ずつ渡しています。毎日駄菓子屋さんにいくのか、コツコツ貯めて、何か欲しい物を買うのか。

お金の使い方を学んで欲しくて、毎日少しずつあげることにしました。

お小遣いをあげ初めて約1年ですが、最初のころは毎日お菓子ばかり買っていましたが、今は我慢して、漫画を買うにしても少しでも費用を節約するため、まずは古本屋さんで安い本を探して買ったりすることを覚えてきたようです。

少ないとそれを補う知恵が育つのかなと思いました。

学校の他の生徒の平均などは聞く必要がないと思っています。

我が家には我が家のお小遣いのルールがあるので子供にもそう教えています。

すでに鉄道マニア

やる気のある男の子ウチの子供は12歳で中学生。毎月2000円渡しています。他の子とも変わらない平均の値段のようです。

週末になると電車でどこかへ行っているようです。

とくに買い物をしているようでもなく、なんだろかと不安に思い、こっそり携帯を調べてしまったら、出てくるわ出て来るわ、写メで取った電車の画像が。

もっと違う趣味を見つけてほしいと親心としては思いますが、携帯を覗いたのがバレるので注意もできない日々です。

ほぼすべてレンタルビデオ屋に

ウチの子供は10歳で毎月1000円あげていますが、ほぼすべてレンタルビデオ屋に行って映画のDVDを借りています。映画にハマってしまっています。

お菓子やおもちゃやゲームなど子供らしい使い方もあるはずなのにね。

将来は映画監督や俳優かと勝手に妄想しています。

ただ楽しむだけでなく、いい作品をたくさん見て感受性が豊かな子供になってほしいと思います。

姉妹でも違うお小遣いの使い道

15歳と17歳の姉妹ですが、小遣いは両方とも5000円を月始めに渡しています。

長女はのんびりマイペース型で、好きな小説の文庫本や友人と出かけたりお洒落な小物を買うのに使っています。

二女はしっかり者で、長女が親に叱られるのを見ながら二の足を踏まないように注意する子ですが、小遣いは主に貯金しているようです。

家族への誕生プレゼントも手作りか、店で長時間費やして選んだ物を贈ってくれます。

堅実で賢い子供たちに育っているようでうれしいです。

平均的な値段なのかはわかりませんが、平均以上にあげることないようにと思っています。

その方が知恵や我慢することを覚えると思うからです。

将来の夢のために貯金

私の甥は中学1年生でお小遣いを10000円もらっています。

何を買ってきたかと言うと将来のために貯金するのだとのことでした。

甥は将来は弁護士になることが夢で、そのために法科大学院に行かないと行けないから貯金しているとの事でした。

まだ若い遊びたい盛りなのに、しっかりと目標をもって健気で立派だと思いました。

平均よりも多いと思いましたが貯めるという目的があるなら平均以上でもいいのかなと思いました。

お手伝いをするごとに

小学一年生の息子がいます。我が家では、定期的に決まった額を与えるということはしていません。

ですから平均の額なのかどうかは分かりません。

お風呂掃除や洗濯物をたたむなど、お手伝いをするごとにあげています。

内容によって10円~50円と幅を持たせています。ある程度貯めてから、戦隊ものの玩具を購入しています。

お金の価値を学ばせたい

貯金箱を持っている女の子私には5歳の子供がいてます。

少し前までは1日100円渡すと近所の駄菓子屋でお菓子を買ってきてたのですが、最近1ヶ月1000円を渡す事にしています。

すると、今までお小遣いを使いきるまで買っていたお菓子が見るからに少なくなっていたので3ヶ月間観察していると突然中古のゲームソフトを買ってきました。

5歳ながら自分で計画をたて貯金してやりくりしていたので自分の子供ながら素晴らしいと思いました。

テストの結果次第で変わります

中学二年生の息子がいますが、お小遣いはテストの成績によって変わります。

学年には200人程度いますが、学年1位をとれば3万円、2位から10位なら2万円、11位から30位なら1万円、それより下ならば5千円です。

渡したお小遣いは、スマホゲームや服とかに使ってるみたいです。

成績で値段を変えるというのは、お金で勉強させているようでイヤなのですが、それが少しでもモチベーションにつながるならと思っています。

頑張って貯めて欲しかったものを

小学校5年生で1000円渡しています。漫画を購入したり、少しずつ貯めて服を購入したりしていました

頑張って貯めて、誕生日プレゼントと合わせて、どうしても欲しかった大好きなブランドの服をマネキン買いをしていました。

毎月10日はお小遣い

財布を持っている女の子長女は小学五年生のからお小遣い制にしています。

女子なので主にかわいい文房具などに使っているようです。

小学2年生の次女にはお手伝いをした時などに、お皿洗い20円、洗濯物たたみ15円などご褒美的に渡しています。

まだそのお金を使っているところは見たことがありませんが(笑)

貯金しようかなと言っています。

中2の息子は毎月1500円を渡しています。

でも、あまり使い道がないようで、たまにコンビニに行って、ジュースやアイスを買う程度です。

本や漫画も買わず、出かけることも少ないので、結構貯まってしまうようです。

使い切れないと、貯金しようかなと言っています。

少ない中で貯金する娘

高校2年の娘です。大学にあがった息子は、もっとあげていましたが、娘は月3500円あげています。

もっとあげようかとう言うと、家が大変だからいらないと言います。

服などは買ってあげるのですが、学校で使う文具や、友達との遊びなどにつかっています。

少ないと思えますが貯金していて、不満を言わないのですごいと思っています。

より重さのある500円に

私は小学校低学年の子供に毎月500円あげています。

1000円だとお金の重要性についてまだ理解できないのでより重さのある500円にしました。

それで何を買っているのかと言えば好きなおもちゃやお菓子を買っています。時々ガチャガチャをそのお金で回したりしています。

おばあちゃんからももらっています。

私は子供に中学二年生で2000円を渡しています。たまにおじいちゃんやおばあちゃんからもお小遣いをもらっています。

半分は雑誌を購入していてあとの半分は友達と遊びに行くときに使っています。

足りずに遊びに行くときは渡していますが、基本のベースは平均2000円にしています。

友達と遊びに行くときに

14歳で部活をやっているので土日の部活動で必要なご飯代や移動費などはその都度渡していますが、そうしたどうしても必要になってくるお金以外では、お小遣いとして月に5000円を渡しています。

本人はそのお小遣いの中から漫画や友達と遊びに行くときのお金に使っていると思います。

考えながら使ってほしいものです

息子は高校生で、16歳です。使い道は、本と飲み物がほとんどのようです。

好きな小説が何巻も出ているので、一気に何冊も買います。

結局、計画性なく使っていくので、友だちとの付き合いでカラオケに行ったり、テーマパークに行ったりするときは別請求だったり、お年玉頼りになることがあります

あげているのは平均くらいの額なので、もうちょっとお小遣いの中から500円ずつ貯めるとか考えながら使ってほしいものです。

学年×タバコ代が良い

11歳になる息子は小学5年生です。小学校の間の子供にあげる金額はタバコ1箱の代金×学年が良いと昔から言われています。

タバコ1箱の代金がその時代の世相を表しているそうです。

ですので息子には400円×5(年生)で、月に2000円を渡しています。

額面的にもちょうどよい平均の金額だと思っています。

友人と遊ぶ時のお菓子代とかに使用し、何か月か貯めてゲームソフトなどを購入しているみたいです。

私たちの時代と比較すると平均してもとても多く感じますが、それはしょうがないんでしょうね。

必要なときに渡していました

子供にあげている金額は各家庭で違うと思います。

毎月決まった額なのか必要な時に必要な分を渡すのか色々あると思います。

私の家では中学までは必要なときに渡していましたが高校になってからは決まったお小遣いを渡しています。

まだ16歳ということもあるのか自分のゲームソフトや漫画の購入に使用しているようです。

嬉しいことに貯金もしているようです。平均的な金額にするようにと思っています。

手持ちの服を増やしたかった

中学生の時は毎月2000円ぐらいもらっていましたが、その金額だと服がなかなか買えなくて、友達と度々フリーマーケットに出掛けて安い服を爆買いしていました。

オシャレな人を見つけてその人から可愛い服を購入するのにハマっていました。スタイリストとかに憧れていました。

小遣いが少ないなら少ないなりに工夫するようになるので、多くもらうよりもよかったのかなぁと今では思っています。

平均よりもうちは少し少なかったように感じます。