健康で幸せな生活を|楽しい人生にする方法は口コミ体験談で!

みんな健康で幸せな生活をしていきたいって思っていますよね。このブログではとても楽しいハッピーな人生にする沢山の方法を口コミ体験談も含め掲載をさせて頂きますので、今後健康的で幸せな人生を生きていきたい方はここの口コミ体験談などを参考にしてくださいね!

原因&予防|車中泊とエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)

f:id:mirai-akarui:20170821105050j:plain

震災の時とかに、車中泊した方がエコノミー症候群で亡くなった、って話を聞いて


「え、飛行機とかと全然違うし、ありえなくない?」


と個人的には思っていました。

このお盆に車で急にお出かけすることになりまして、宿などが全然取れず、取れるところもいくらなんでも高すぎて使えず、3泊ほど車中泊するハメになりましたので、 せっかくなので、と思って、ちょっと試してみました。

軽自動車の一人旅が好きで、いつもでしたら車中泊する必要性が出たときにはフルフラットにして布団を敷くのですが、 いつもの通り、エアーマットを入れて、布団を敷いて、ってやれば、何泊したところでエコノミー症候群になりようがないので、 実験の意味がないので

今回はちょっと環境を変えてみました。


というわけで、今回の環境は運転席を倒して助手席に足を投げ出して睡眠です。 今は夏なのでエンジンかけてエアコンかけて、就寝です。

田舎だとコンビニの駐車場の端っことかだと何も言われないですし 人のいないところに泊めていれば大丈夫ですが、近くに民家がないか、ってのと 安全かどうかは一応気を付けましょうね。 ちゃんとロックもかけておきましょうね!

万が一寝ぼけてアクセル踏んでも大丈夫なように、ギアをパーキングに入れて、サイドブレーキもきっちり入れておきましょう。

というわけでやってみました。


一日目

泊まるのを決めた時点でちょっと街中で、時間も遅くてそれ以上あれこれ探すのがめんどくさかったので、一泊500円になるコインパーキングに就寝

閑静な場所でぐっすり寝れたのですが、起きたときに若干腰に違和感がありました。 身体をひねる姿勢ってのがよくないみたいですね あと、近場にトイレがなかったのがとても不便でしたね。


二日目

道の駅で寝ました。トイレもあり、自動販売機もあり、と充実していましたが、夜中真っ暗で、車の出入りもなかったのでそこはちょっと怖かったですね。

トイレにでっかいムカデが居て、変な声が出ました。 どれだけ田舎かで同じ道の駅でもだいぶ環境が違いますよね

肝心の就寝は、一日目より天気も良くてすっきり寝れましたが、 腰のダメージがより蓄積されました。 起きたときに身体に鈍痛が走りましたね。


三日目

田舎のコンビニで寝ました。 店の前だと迷惑がかかる+明るくて寝付けないので、駐車場の端ですね。

コンビニは便利ですね。 人通りがそこそこあって安心で、トイレもあって、もろもろ買い物もできて、かなり良いです。

ただ、さすがに三日連続で車中泊なのと、軽自動車を延々と運転し続けてたのもあり、 体中から悲鳴が…

起きたときには背中クビ足が全部だめになっていましたね。

帰ってから行きつけの整体に行ったらとても怒られてしまいました。経緯を話したら、呆れられましたが起きたときに体操するとちょっとマシだよ、ってアドバイスもしてもらえましたね。

とりあえず、疲れてることすらわからなくなるほど身体が痛くなりますね。 老人の方とかで、感覚薄れていたら血流がとまるくらいのことになってしまうかもーと納得はしました。

流石にもう実験しませんけどね、、、痛かったなー。

というわけで、書きましたが、


やむを得ず車中泊するときにはシートをフルフラットにして、エアークッションと布団敷いて寝ましょう。


災害の時はお金の心配もあり、無理をしがちでどうも環境悪くなりがちですが、くれぐれも健康を保てるように気を付けましょう!