健康で幸せな生活を|楽しい人生にする方法は口コミ体験談で!

みんな健康で幸せな生活をしていきたいって思っていますよね。このブログではとても楽しいハッピーな人生にする沢山の方法を口コミ体験談も含め掲載をさせて頂きますので、今後健康的で幸せな人生を生きていきたい方はここの口コミ体験談などを参考にしてくださいね!

【お勧め】食費の節約方法は?本当にお金のない時はこの方法で!

f:id:mirai-akarui:20170629174040j:plain

衣食住とよく言いますが、継続してお金がないときは住居を見直したほうがいいですし、 衣服を新しくしないことでそこそこお金をため込めたりもしますが、 手っ取り早くお金を節約するには食費を削るのが一番!

という結論に至り、最近節約をしています。今日はその手法を皆様にご紹介したいと思います。

1.とりあえず見切り品

これは使ってる人が多いと思いますが、 スーパーで見切り品がでるタイミングというのは大体決まっています。 そのタイミングでお買い物にいくだけで、不思議とお金がじわじわ浮きますね。

一人暮らしだと、自炊したほうが高くつくこともありますので、コメだけ炊いておかずを安く買うとかなりいい感じですね

2.冷凍食品の安売りを利用する

冷凍食品は高い!というイメージがありますが、最近はそうでもないんです。 さらに、年数回棚卸をするときに安売りをするお店があります。 こういったお店で一気に買い置きをすると、食費が浮きます。

3.お弁当を作る

毎日のお昼ごはん、外で食べてると意外と高くつきますよね。 上で書いた冷凍食品や前日の残りを使って、ちょっとしたお弁当を作ると、食べ物のロスは減るし食費もかからないしいいことだらけですよ!

4.自家栽培

これは昔本当に貧乏だった時に使った手です。 おうちの前の空き地で地主さんに許可を取って、余った野菜を植えてました。 旬のものを食べられるし、出来立てだし本当においしかった!

虫が付きにくいものや手入れがあまり要らないものがお勧めです。 あとはあんまり増えすぎないことですね。ものによっては本当に食べきれませんので。

5.カレーローテーション

にっちもさっちもいかなくなったらこれの出番です。 カレールーをひと箱丸まる使って大きな鍋にカレーを作ります

このカレーが半分減ったら箱半分を作り足します。

毎日2回ずつ沸騰するまで火を入れていればそうそう腐りませんが、 夏場はやめたほうがいいと思います。

あと、海鮮類は入れないほうが安全です。おなか壊しました。

6.まかないつきのお仕事

本当にどうにもならなくなったらこれがお勧めです。 料理屋さんはもちろんありますし、がっつり肉体労働の場所でいうと、建築現場にもまかないがついていたりするみたいです。 とりあえずどんなに困っていても死ぬことだけは避けられますので、本当に困ったら検討してみてもいいかも。

もっとお金をためて、あちこちに旅行に行きたいな!って思っています。



みんなの食費の節約方法は?

f:id:mirai-akarui:20171215155804j:plain

ちょっと、他にも良い方法がないかと口コミで皆さんの意見を聞いてみました。そうしたら、色々な方法で皆さん食費を節約していますね。食費がかかって困っている方などは参考にしてみるのも良いかもしれません。

お肉の大量買いで!

我が家では、お肉の大量買いで食費を節約しています。近くにお肉の安いスーパーがあり、1~2kgパック等で販売しています。単価がとても安く、鶏モモ肉で100g40円、牛肉でも100g80円等で売っています。

大体5パックほど買い、その月のお肉は間に合わせます。そのために大きめの冷凍庫を購入しました!

一度の大量買いで、約5000円/月です。家族4人で、1日300g程食べるとして、100g150円のお肉を食べたとすると、1日450円、これが30日で13500円。8500円/月の節約ですね!(テキトーな計算で申し訳ありません)

おそらく皆さんの家の近くにも、大量販売での激安スーパーはあると思いますので、冷凍庫への投資くらいはすぐにペイできるのではないでしょうか!!

週に2回ほどのまとめ買い

まず節約意識を高めるために、一か月の食費の目標金額を決めます。

そしてレシートは捨てずに取って置いて今どれくれくらい食費に使っているか把握できるようにしておくとモチベーションが続きます。

買い物は、3日分くらいのメニューを決めておいて週に2回ほどまとめ買いをするようにすると、無駄なものを買わなくて済みます。

また、メニューを決める際には、なるべく同じ食材で作れるものにすると無駄なく使えて安く済みます。同じ食材でも和・洋・中で味付けを変えると飽きずに楽しめます。

お肉は大容量のお得パックを買うようにして、小分けにして冷凍保存しておくのが良いです。4人家族ですが、その日その日で食べたいものを決めて毎日買い物に行っていた頃と比べると、食費を2万円ほど節約することができました。

一人暮らしのための食費節約術!

一人暮らしで節約できるものの代表例は食費ですよね。わたしが普段実践している節約術を紹介します。

まず王道ですが自炊をすることです。自炊をするだけで少なくても月に1万円ほど節約することができています。

でも毎日自炊するのは難しいという人もいますよね。そんな人におすすめなのが作り置きをするということです。

私は普段仕事で忙しく毎日自炊をする時間がないので、1週間に1回時間を取って日持ちのするおかずを作っています。こうすることで忙しい日でも外食したり、コンビニでご飯を買うということがなくなり、5000円くらいは節約できています。

またカレーなど長持ちするご飯を作るのも一つの方法です。カレーなどは一回作ってしまえば2,3日は持ちます。安く作れるので食費も節約できますよね。小さいことをコツコツやるのが食費節約の第一歩になりますよ。

結構使える100円おかずレシピブック!

毎月、食べ盛りの子供のいる我が家では食費はかなりの出費。なので食費で節約してみることにしました。

本屋さんで100円レシピブックというのがあって、その通りに食材を買って作るという簡単でかつ単純な節約術でしたが、以外とそれが私に合っていて長く続けられました。

買い物するものは100円以内で納めて、2品くらいのおかずを作るというもの。意外といろんなレパートリーもできて楽しく料理もできました。しかもヘルシーです。

例えばハンバーグはお肉でなく豆腐使用でつなぎを増やしたりというもの。お味噌汁は具材を少し変えても毎日違う味になるし経済的。

この節約術で2万円くらいは浮きました。これからも簡単でヘルシーな食材で節約し続けたいと思います。

クーポンなどの割引で

5~数十円は、パーセントで値引きになっています。会員カードやクーポン、ポイントカードなどを使っています。

ある時はネットの無料クーポンが送られてきて、日にち限定なのでその日に行ったりとお得に過ごしています。ポイントは貯まると割引や引換券になったりするので、使います。

会員カードはパーセントで割引になり、安く済んで有難いです。クーポンはチラシや店舗などであるので、切り取って持って行けば安くなるので使っています。

払う分は本当に減らしたくて、出費は本当に最小限な気がします。お得情報が街に生活にと沢山あるので、見つけたり探したりしたら使うようにしています。

続けたら良いこともありますよ。

金欠時の救世主「鍋」!

みなさん給料日前や大きな買い物した後等、金欠の時ってありますよね?金欠の時ってまず最初に抑えたいと思うのが食費だと考えている人は私だけではないはず!!

私もよく金欠になるので金欠の時によくやる節約術を紹介します。

私がよくやるのはズバリ鍋です!冷蔵庫の物なら大体入れることができるし、その日スーパーで一番安い物を基準に買って家で鍋をすればいいし、高いお肉類もひき肉で肉団子を作ったり冷凍肉で代用可能なのですごく万能です。

しかも鍋なら次の日もうどんを入れて食べたり雑炊にしたり出汁を使って肉じゃがやおでん、お雑煮、カレーにとリメイクも可能です。

私は最高で一週間鍋だけで生き延びたことがあります。みなさんも金欠時は是非試してみてください。

冷凍庫大活用で上手に!

節約にあまり関心の無かった私ですが、貯金を始めてから、食費の使い方に目を向けることになりました。

友達や大切な人との外食を削るのは心理的にも負担になってしまうので、日頃の買い物の仕方を考え直すことにしました。

パンやお肉は買ってきたその日に小分けにして冷凍します。(フランスパンは翌日食べる分以外は小さく切って冷凍すると柔らかさを保ったままいつでも食べられます)

野菜は、種類によりますがキャベツなどは4等分して芯を取ってジップロックで冷凍すると、スープや炒め物に使えます。かぼちゃやほうれん草は下茹でしてから冷凍できます。

我が家は白米が残ることも多いので、翌日に置かずに冷凍をして、必要な時にレンジで戻して料理に使うようにしています。

カレーやシチュー、ラーメン、ラタトゥイユにも冷凍野菜は活用できます。プルコギ等は大量に作って、炒める前の状態で小分けにして冷凍保存すると、何度も食べられるしお弁当にも入れることができます。

冷凍庫の活用を意識してから、1ヶ月に五千円以上食費の節約ができています!

スーパーよりもドラッグストアがお得♪

私の節約方法は、食品を購入するときは、スーパー以外にもドラッグストアを利用することです。ドラッグストアも結構食品の値引きをやっていて、安い商品が多いのです。

さらに、特売をしてくれるところがあり、そのドラッグストアを良く利用しています。

パンの特売を狙っていて、賞味期限が切れそうなときに半額になったりするので、わざと半額になるまで買うのを控えています。

半額になると、近くのスーパーよりも50円近くも差ができるのでお得です。そのドラッグストアだと、好きな商品が特売になることが多いので、スーパーよりも買う頻度は多いです。

スーパーでは、パン以外の商品を買います。なので、うまいことやりくりできます。

休日はブランチでお金を浮かせよう

私の食費節約術を紹介します。まず食費のバランスですが、平日は朝食はコンビニのパンで済まします。昼食は会社の社員食堂でとります。会社の補助もあり大体1食300円程です。

夕食は、自宅で家内の手料理です。休日は、家内の負担も減らしたいので3食外食することもあり、基本的に休日の食費が掛かっている状況です。

節約術として最近は普段の疲れから、休日の朝は起きるのが遅くなってきていることもあり、朝食兼昼食としてブランチで済ますことが多くなりました。

この際、モーニング時間ギリギリで入れば、節約となります。例えば、牛丼屋では300円もあれば十分満腹になりますし、喫茶店でもモーニングサービスのボリュームがある店に行けば、夕食まで十分持ちます。

この方法で、月夫婦で5000円は節約出来ました。単純な節約術ですがどうでしょうか。