読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康で幸せな生活を|楽しい人生にする方法は口コミ体験談で!

みんな健康で幸せな生活をしていきたいって思っていますよね。このブログではとても楽しいハッピーな人生にする沢山の方法を口コミ体験談も含め掲載をさせて頂きますので、今後健康的で幸せな人生を生きていきたい方はここの口コミ体験談などを参考にしてくださいね!

毎日をはつらつと幸せに過ごすためにできること

f:id:mirai-akarui:20160728175110j:plain

皆さんもきっと毎日をはつらつと幸せに過ごしたいと願っておられると思います。そうした充実した毎日を送るためには、やっぱり健康でいることが欠かせませんよね。

 

でもストレスの多い世の中で忙しい毎日を送っていると、健康を害してしまうこともあります。

 

病気を完全に避けることは誰にもできませんが、少しの努力、少しの工夫で、結果は大きく違ってくるように感じます。

 

健康に関する正しい知識を身に付け、実践するなら、避けれる病気も少なくないと思います。

 

例えば昔から「病は気から」と言われますが、実際メンタルが身体に大きな影響を及ぼすことは医学的にも証明されているのをご存知ですか?

 

免疫機能を調べるある研究によると、楽しい記憶を思い出した人の免疫細胞は数も増加し活発に作用するのに対し、悲しい記憶を思い出した人の免疫細胞はその数も機能も低下したそうです。

 

つまり積極的ではつらつとした楽観的な考え方ができる人は、病気にかかりにくく治りやすいのに対し、消極的で悲観的な考え方の人は病気にかかりやすく治りにくいということなのです。

 

確かにストレスによって引き起こされる病気がとても多いですよね。ストレスを強く抱えてしまうと、自立神経に影響を及ぼし、その自律神経がいろいろな臓器に影響を及ぼしてしまいます。

 

でも消極的な考え方を積極的に変えるのってそんなに簡単じゃないですよね。人の考え方、思考の型というのは長年培ってきたものなので、すぐに変化させることはできません。

 

でも私たち人間の脳って複雑でありながら、意外と単純なところがあるらしく、自分の発する言葉や表情で、感じ方、考え方に影響を及ぼすことができるそうです。

 

例えば、いつも不平不満を口にしていると、それに合わせて気持ちもどんどん消極的になりささくれ立ってしまいます。

 

でも「ありがとう」とか「良かった、ラッキーだった」という感謝の言葉やポジティブな言葉を口から発することにより、それに合わせて気持ちもはつらつと穏やかになったり、喜びを感じることができるそうです。

 

また笑顔でいることは健康に大いに役立つことが、いろいろな研究で証明されています。

 

喜劇などを見て大笑いした後は免疫細胞が活性化したり、血流が増加したり、ストレスが緩和されたりと、身体にたくさんの益があります。

 

でもこれはたとえ作り笑いであったとしても効果があるそうです。ストレスを感じるときでも、口角を上げて作り笑いをすることで心拍数が下がったり、脳が騙されて楽しいと感じるようになるそうです。

 

ですから日ごろから努めて感謝の言葉を言うようにしたり、ストレスを感じるときは意識して笑顔を作ってみたりする、はつらつとした言葉で周囲を盛り上げる、そんなちょっとした努力で、感情や考え方にも良い影響が及び、積極的な考え方、感じ方をすることができるように変化していくことでしょう。

 

そうなると自然と感謝の言葉や積極的な言葉が口から出るようになったり、いつも心からの笑顔でいることができるようになっていくと思います。

 

そしてそうすることで免疫力を高め病気を避けることができたり、病気が治りやすくなったりするので、さらに笑顔を作り出すことができますね。

 

そんな良いスパイラルを作ることができれば良いですよね。

 

はつらつと幸せな毎日を送るために、このブログが少しでもお役に立てればと願っています。